いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート

マツコ会議(掘り下げVTR) 仙台で出会った福島の高校生ふくちぇるたちと福島のインスタ映えスポットを巡る

地味な街並みを素人とめぐるという地獄のような展開。

こういうVTRをみていると、なんてことない街並みにいろいろとケチをつけながら「間を持たせる」芸能人の力を再確認します。

ちい散歩とかじゅん散歩とかね。

ということで、ふくちぇるをふくむ三人の高校生とまずは福島駅へ。

駅に隣接するエスパル福島の「トイレ」へと向かいます。

この3階の(他階ではだめ)トイレがインスタスポットなんです。

このトイレは2年前に東京のデザイン会社、株式会社船場が改装。

欧米の邸宅にあるバスルームをモチーフに改装されたそうで、白いタイルはレトロな雰囲気をかもしだすヘリンボーン柄です。

この白いタイルに囲まれて写真をとるのがいけてるらしい。

そうですか・・・

次は福島駅周辺の昔ながらのスナック街へGO。

ここでスナックの看板と並んで写真をとるのが楽しいらしいです。

鄙びた(レトロな)雰囲気がかっこいい、(かえって)新しいというのはなんとなくわかりますが、でも、外は寒いのに早く家に帰ったほうが・・・なんて思ってしまう。

インスタ命(この表現がすでに古いっつ~の)の世代の気持ちがわからない・・・

つづいては、人気のラーメン店へ。

キラキラプラスというアプリでラーメンをキラキラと撮影。キャッキャッとみんな楽しそうです。

「(キラキラさせたほうが)美味しそうじゃありません?」

いいえ、美味しそうじゃないです。

キラキラがてかてかに見えて、脂っこく感じてしまう。頭に浮かぶのは「胃もたれ」の四文字です。

さて、ふくちぇるたち仲良し三人組ですが、実は高校も学年もばらばらでインスタでつながったそう。

中学時代はちょっとダサかったふくちぇるは、めがねをはずし、おしゃれをして高校デビュー。

その姿をインスタにアップし、新しい友達をゲットして、そのなかから親友にも出会えたそう。

いい話・・・なの?

インスタとかでつながるのが当たり前、日常~(どんだけ~)みたいな生活や感覚がわからないので、なんともいえない感じです。

年寄りってどうしてもネットで人と出会う=危険って感覚がまだあります

このあたりは世代の問題ですね。婚活とかで使ってる人もいるけど、できれば(出会いは)ネットではないほうがいいって言ってるし。

ってゆーか、性や金がからまなければ安全なのか?

いずれにしても、若い人たちはそれでいいんだと思います。

インスタとかが当たり前の世代だし、とらえ方が違うのは当然。

抵抗ないなら、出会いのツールとしては便利だと思うし、それで大事な友達ができるんなら、それはそれで全然OK~。

年をとるといろいろな問題が出てきて(てんこ盛り)、友達友達とばかりは言ってられなくもなってくるのですが、十代の友達って大事ですよね。

そういった友達がゲットできるならインスタとかSNSもぜんぜん悪いことではないんだなと思いました(ただ使い方によるんだよなー。あとハマり具合とかも)。

 

↓↓これ、おもしろそう。京都版がほしい、どすえ↓↓


Fridgeezoo HOGEN シロクマ 【方言 福島】 FGZ-PB-FK