いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

民衆の敵 どんどん濃くなるシリアステイスト。当初はどんな物語にするつもりだったのか、もはやなぞのプロット(あらすじ)

話がどんどん暗めというか、シリアスになってまいりました。

しかし、こっちのほうが面白い。展開が早すぎてあらすじを追ってるだけみたいにも見えるけど、退屈ではない。

そんななかにときどきちゃんとした情緒を打ち込んでくれる高橋一生や余貴美子はさすがです。

とくに高橋一生はやっぱり趣があっていいですね。ものすごいハンサムではないんですが、雰囲気イケメンです。単に造りがかっこいい男よりぜんぜんいい男。

雰囲気って劣化しないし、最強。

このドラマ、最初からシリアステイストでやったほうが良かったですね。

重い内容をきちんと書ける脚本家、それを難なくこなせる演者がそろっていたのに、最初に変にゆるさを持ち込んだことで、スタートダッシュにつまづいた感じです。

このドラマ、当初はどういった構成にするつもりだったんでしょうか。今となってはなぞ。

たぶん、篠原涼子が議員になる、町の人と触れ合っていろんな物語を解決していく(一話完結方式)流れを想定してたんだと思うんですが。

で、最初は悪者と思っていた古田新太が実はいい人で、実は悪者だった余貴美子を新太と涼子で成敗する(新市長になるのは新太でも涼子でもOKだけど、とりあえず主役だし、やっぱり涼子で!)、そんな流れを想定していたのでは? と思ってしまいます。

最近のドラマははずなさいために一話完結の方式をとるからね。

でも、思わぬほど視聴率が悪かったため、方針転換。

滑り止めとして用意していた、プロット(あらすじ)がジェットコースターのように展開する脚本案に変更したのでは? と思ってしまいます。

それはないか。

でも、そう思ってしまうほど、前半と後半のドラマのテイストが違っちゃってるんですよね。

ま、結果的に後半にかけて盛り上がってきたからいいんですけど。

で、物語ですが、篠原涼子が不正献金を受け取ってる悪者に仕立てられ(古田新太が仕立てた)、篠原涼子は前市長の余貴美子に相談に。

そこで、篠原涼子は改めて余貴美子やその秘書が古田新太にはめられて失脚させられたことを知ります。

この不正の事実を公表したい篠原涼子ですが、余貴美子は秘書がゲイだったことを隠したくて(この点も利用され、秘書はハニートラップにかかったのです)、不正公表に後ろ向き。

篠原涼子は余貴美子の罠にも自身を陥れた罠にも関与している市の職員(古田新太の犬、渡辺いっけい)にすべてをゲロさせてやると意気込みます。

で、次回は最終回。

渡辺いっけいが涼子に味方するのか?

涼子は民衆の敵でないことを証明できるのか?

古田新太のニューポート計画をつぶせるのか?

こんな感じで最終回は進んでいきそうです。

あと、ゆる~い内容としては高橋一生とデリヘル嬢の純愛の行方が気になる。

このドラマの唯一の情緒的なネタだし、高橋一生のせつない系の演技はバツグンなので。

最終回、絶対にチェックします。

 

↓↓↓洋物↓↓↓


民衆の敵 [DVD]