いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

アウト×デラックス 桁違いのお嬢様、團遥香(24才)登場! 高嶋ちさ子の父、高嶋弘之はやっぱりちょっとえらそーだった

番組に出てきた團遥香、けた違いのお嬢様でした。

父はコレド室町などを設計した一流建築家、祖父の團いくまは「ぞうさん」や「ラジオ体操第二」の作曲家です。

祖父の祖父は三井財閥の総帥だとか。

財閥とかいっても、元をたどれば源泉(総帥)に当たるのは当然なんですが、その子孫がテレビにでてくるとびっくりしますね。

財閥の子孫って現存するんだって。

親戚には三井財閥の創始者、住友財閥の創始者、ブリヂストンの創業者(いしばし家)などがいるそう。

金持ちって元をたどれば団子状態なんですね。

金が金を生み、金と金がまざりあって転がる(?)。まさしく戦後の日本経済。おそるべしです。

その子孫がいまテレビに!

でも、なんだろう、別にありがたくない。

そんな團家の家訓に「代々同じ職業についてはいけない」というものがあるんだそう。

芸能人はいなかったんでしょうね。だから團遥香がトライしてるんでしょう。

子孫がすべての職業を網羅したらどうなるんだろう。家訓達成で変更かな。平和だね。豊かさがうらやましい。

マツコや矢部は團さんにテレビにあふれるニセセレブを論破してこなごなにしてやれ、そういった企画でがんばれと言ってました。

そういった企画をすすめられて、まんざらでもなさそうだった團さん。どこかでこんな企画をやっていたら、元はこの番組です。

次は高嶋ちさ子の父、高嶋弘之が登場。

早大卒のエリートで、現在のEMIミュージックジャパンのお偉いさんみたいです。

えらそーでしたね。

さすがちさ子の父。同じDNAを感じました(こっちが元だけどね)。

ちなみに弘之さん、高島忠夫の弟だそうです。

高嶋弘之さんはビートルズの初代ディレクターで、日本にビートルズをひろめた方だそうです。

この自慢話をえんえんしてました。

ちょっとダメな感じのおっさん。

むか~しのサラリーマンタイプですよね、過去の栄光を語っちゃうって。

別にいいんですが。ぶっちゃけ、そんなふうに成功しててうらやましいし。

でも、これからはサラリーマンでも起業家でも、成功した人はあんなふうに自分の功績を自慢げに語ってはいけない。

思ってても。それはクローズした場所(銀座のクラブとか)でやるべきことです。

今は表立って自慢話なんかしたら、ネットでたたかれる格好のネタです。

めんどうな時代になりましたね。

成功者の自慢話もうっとおしいけど、それを許さない時代にも閉塞感を感じてしまいます。

何のてらいもなく、自分の過去の栄光を語る「裸の王様」っぷりもそんなに嫌いじゃないですけど、ラジオの電リクを詐称したり(やらせ)ってなマーケティング手法を自慢げに語られても、今の視聴者には何も響かないと思いました。

 

↓↓↓おじいちゃん↓↓↓


團伊玖磨:交響曲全集