いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

奥様は、取り扱い注意 笛木優子の盗聴遊びが原因で街が空き巣に荒らされる

急に西島秀俊の胡散臭さが増してきました。

やっぱりただの会社の社長ではないという感じの西島秀俊。

綾瀬はるかもそれに気づいてはいます。西島秀俊も「こいつ、気づき始めたな」とそれをキャッチしている様子。

それでもイチャイチャしてる二人は大人です(単なる性欲過多?)。

西島秀俊が綾瀬はるかの敵(綾瀬はるかが抜けた組織の追手とか)とは思えないのですが、どうでしょう。

一緒に不正を暴く、みたいな展開なら安心だし、納得いくんですが、ここから急に敵同士みたいになられても視聴者は置いてけぼりです。

でも、綾瀬はるかと西島秀俊のアクションシーンは見てみたい気がする。

今回改めて思ったんですが、綾瀬はるかってアクションがうまい。

あんなにおっとりしてるのに、あんなにビシバシ動けるなんて、そりゃあみんなギャップにやられます。

精霊の守り人でも大きな武器(槍の先端に刀がついてるようなもの)をふりまわし、派手なアクションをしてますが、こっちのドラマのように素手で打ち合うほうが見応えがありますね。

このあたりは個々の好みでしょうが。

しかし、こんなにアクションづいて大丈夫でしょうか。

イメージが・・・精霊の守り人もまたスタートするしね。

よりアクションの印象が強まってしまうので、ちょっと心配です。

ところで、もうひとり実はアクションがうまい女優さんがいます。それは北川景子。

探偵の探偵で見せたアクションはすごかった。残念ながら視聴率がいまいちのドラマだったので、知る人も少ないでしょうね。

北川景子って綾瀬はるかよりも線が細いんだけど、アクションしてるときに軸がぶれない感じは綾瀬はるかと同様。

体幹が強いんでしょうね。すごくしっかりしたアクションをする方です。

北川景子と綾瀬はるかのアクションが見たいと思ってしまうんですが、それは難しいでしょうね。

どっちを勝たせるかとかの問題もあるし。

綾瀬はるかと真木よう子は精霊の守り人で戦ったましたね、たしか。真木よう子、いろいろあるようですが、ゆっくり休んで、元気に復活してほしいです。

さて、ドラマの内容ですが、今回問題になるのは街のイライラ主婦、笛木優子の盗聴遊び。

笛木優子が街のセレブである議員の家を盗聴したことがきっかけて街は大騒ぎになります。

笛木優子は盗聴であるスキャンダルを知ってしまいます。

盗聴に気付いた議員は、誰が盗聴していたかを突き止めるために、街に殺し屋を放ちます。

殺し屋は空き巣を装い、犯人探しをします。笛木優子が犯人と気付いた綾瀬はるかは、笛木優子宅で殺し屋を待ち伏せ、これを撃退。

議員のスキャンダルは昔の仲間、西尾まりの手を借り、世間に暴露します。

こういった内容でした。

殺し屋が綾瀬はるかの自宅に侵入し、これに出くわした西島秀俊が応戦するシーンがあるのですが、ここでは西島秀俊は本気を出さず(自分の素性を隠すためでしょうね)、殺し屋にやられて終了。

しかし、無傷なわけです。あれだけの相手に無傷で済んだということで、綾瀬はるかは「やっぱりこの人、何かおかしい」と疑うことになります。

疑惑を抱えた夫婦はこれまで通りに仲良くできるのか?

次回以降、西島秀俊の出番が急激に増えそうで楽しみです。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5