いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

民衆の敵 選挙活動はいまいちだった。数字欲しさの高橋一生の無駄脱ぎを視聴者はどう思うのか?

さて、期待のドラマのスタートです。

なぜ期待していたかというと、脚本が黒沢久子さんだから。

この方の書いた「東京女子図鑑」はめちゃくちゃ良かった。笑いも皮肉も涙もせつなさもぎゅっとつまっていました。

東京に暮らすちょっとハイソな女子を扱っていましたが、東京でサラリーマンやOLをしているすべての人にささる内容でした(そこまで幅広くなかったか?)。

 

とゆーことで、初回を視聴。

感想は・・・ま~、つまらなくはないけど、ものすごくおもしろいわけではない。やっぱり内容がちょっと荒唐無稽かなといった感じ。

アルバイトや派遣を渡り歩いている夫婦の嫁のほう(篠原涼子。旦那は田中圭。年下すぎない? いくら篠原涼子が若く見えるといっても)が市議会議員に立候補。

見事、補欠から繰り上げ当選します。

そんなちょっとぱっぱらぱー(ハートはいいけど)な篠原涼子をサポートしたのが、石田ゆり子、江口のりこなどの仕事のできるママ友たち。

 

石田ゆり子がシングルマザーを演じてます。部屋は荒れ放題、仕事は閑職にまわされ、いまいち暗い役です。

この石田ゆり子が篠原涼子に影響され、前向きになっていきます(たぶんね)。

あと気になるメインのキャストは、やはり高橋一生。サラブレッド議員を演じます。

篠原涼子のよき先生のようなポジションになるよう。最後は対立したりするのかな。ちょっと見ものです。

 

他は、篠原涼子をいじめる気マンマンの議員に古田新太、篠原涼子をおもしろがりそうな市長(だっけ?)に余貴美子。

同僚の議員たちに前田敦子、トレンディエンジェル斉藤さん、千葉雄大などが並びます。豪華ですね。

 

おもしろかったのは、ラストの数分。

居眠りしている議員を篠原涼子がたたき起こすシーン。あそこが一番面白かった。

あの感じがTHE篠原涼子だし。いいですね、やっぱり、あーゆー篠原涼子。

今後あのテイストで押し切ったらドラマもおもしろくなりそう。

議員になった後のほうが盛り上がりそうです。

 

黒沢久子さんの脚本って、序盤は弱いんですよね。東京女子図鑑でもそうでした。

中盤、後半で盛り上がる脚本を書く方なので、今後に期待です。

でも、初回で外すと、途中で内容が良くなっても視聴率が取り戻せないんですよね。そのあたりがちょっと心配。

 

ところで、ちょいちょいさしこまれるインタビュー形式のシーン。あの勝手に登場人物がカメラに向かって話しだすやつね。

セシルのもくろみと一緒。

しかも、東京女子図鑑でもふんだんに使っていた手法。

まさか、ここでも出すとは・・・しかも、あまり効果的に使われてない。

その点はがっかりでした。

前回うまくいったことが今回もうまくいくとは限らない、といった好例。

しかし、内容は今後尻上がりにおもしろくなることが期待できそうです。

 

あと、気になったのは高橋一生をやたらと脱がすこと。

別に内容に沿ってないわけではないけど(シャワーシーンや、ある姉ちゃんといちゃいちゃするシーンで脱いでるので)、そんなに必要?って思ってしまう。

ってゆーか、数字が欲しいんだろ、あん?って思ってしまう。

あれはちょっとむなしい。

一生の乳首を無駄遣いしないで!

そんなファンも出てきそうです(もうちょっと素敵な一生さんの裸を有効に使いましょう)。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5