いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

監獄のお姫さま 初回のおもしろ担当は坂井真紀

監獄のお姫さま、クドカンドラマがついにはじまりましたね。

クドカンといえば、たいしてストーリーのないドラマを会話や登場人物のキャラで味付けし、笑えるものを作るのが非常にうまい先生です。

しかし、今回は「過去の冤罪」や「誘拐」などを扱っていて、しかも登場人物が非常に多いので、そこにいろんなドラマというか事情がからんでくるようです。

いつもみたいに、淡泊なストーリーを笑える会話で彩るドラマではなさそう。

クドカン先生、ストーリーのつくりもうまく、流れもスムーズでした。

構成もうまいんですね。

さすがです。

でも、正直、それは中の上のレベル。

これぐらい書く方なら他にもいらっしゃいます。

今回はストーリーテリングに力点を置いたためか、会話のほうがいまいちおもしろくありません。

ネタ切れか? と思わされる。

おもしろいことを発射し続けていくのって、シリアスなものを出し続けるよりずっと大変で難しいことです。

ちょっと力尽きてきたのでは?

そう思ってしまった。

とはいえ、登場人物も豪華で、それぞれのキャラ設定もおもしろいので、今後はどんどん盛り上がるかもしれません。

初回でおもしろかったのは坂井真紀。

「私、女優よ」が口癖でベッタベタのコントみたいな内容をこなしてました。べただけど、坂井真紀が一番面白かったかな。

正直、坂井真紀が一番キャラがはっきりしてたというか、キャラを打ち出したやりとりをしていたから、それで印象に残った。

他の人は、キャラを押し出したやりとりがいまいち少なかった印象。

森下愛子の姉御や、菅野美穂のアナリストなど、今後おもしろくなっていきそうです。

あと、女たちにいじめられる男に伊勢谷友介が出ています。

映画の人って印象ですが、ついにドラマ界に降臨。

まあ、当たり前のように演技はうまいですが、なんだろう・・・ドラマの演技ってゆーより、やっぱり映画の演技って感じがする。

スクリーンのほうに馴染んじゃってる人なんですよね。

テレビドラマに出ていることの違和感が今後消えていくんでしょうが、いまはまだ違和感抜群。

さて、内容ですが、夏帆が伊勢谷友介に罪をなすりつけられ、塀のなかにいます。

これを助けたい夏帆の仲間、小泉今日子、森下愛子、坂井真紀、満島ひかり、菅野美穂が伊勢谷友介を誘拐します。

そして、今後は罪を白状させようとするようです。

わりと初回に全部出ちゃったような気がするんですが、どういったペース配分で物語を進めるんでしょうね。

次回以降が楽しみです。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5