いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

伊藤くん A to E  最終回でついにみんなをかき回す迷惑キャラ、岡田将生が出演

最終回でついに伊藤くん本体、岡田将生が出演してきました。

内容が一気にひきしまりました。

もうちょっと前から出てきても良かったのでは?

ひっぱりすぎ。

 

でも、ひっぱっただけあって、岡田将生の出演が効果的でしたね。

映画ではじっくり岡田将生が出ているところを見たくなる(映画誘導がうまい)。

ところで、岡田将生ってちょっと雰囲気変わりましたね。

痩せたのかな。顔の印象が変わりました(整形とかではない)。

ちょっときつくなってましたね。役作りかな。

 

意地悪い感じが出ていて、小悪魔的な伊藤くんにはまってました。

最終回は前半は引き続き、男女の恋愛問題、Dの女、夏帆編の続きです。

中村倫也と部屋にいたところを邪魔しに伊藤くんが乱入。

夏帆は心乱れます。

ここで伊藤くんはいろんなことをぶっちゃけ、夏帆と中村倫也、夏帆と池田エライザ(この場にはいない)の関係、そして中村倫也と夏帆の二人の気持ちを傷つけます。

 

言いたいことを言い、勝ったぜとばかりに意気揚々と帰っていく性格悪&幼稚な伊藤くん。

実は自分のことをずっと思っていてくれたくずけん(中村倫也)を傷つけてしまい、反省する夏帆。

いろんなことに気づき、後日、池田エライザに会いに行き、仲直りします。

愚かな伊藤くんを好きになることで、処女の夏帆はひとつ大人になっていきます・・・で、ひとまず終了。

 

しかし、ホテルのシーンでは意外に濃い中村倫也のへその下の毛が気になりました。

ギャップがすごい。女子人気があがったのでは?

 

後半は、木村文乃の脚本家としての苦悩と成長物語でした。

ずっと書けてなかった木村文乃。

実は田中圭と結婚寸前までいった仲でした。

あと、男の人は田中圭しか知らなかったり、そういったことが明かされていきます。

今のドラマ業界は・・・といったケチばかりをつけ、書けない自分を正当化していた木村文乃ですが、今回の伊藤くんの企画がポシャリ目が覚めます。

書いていくことでしか現状を打破できないということに気付いた木村文乃は、これからも書いていくことを胸に誓います。

いいお話し。

 

ただ、視聴者はこんなに硬い内容を求めていたかは疑問。

木村文乃についてもオチをつけないと内容がまとまらないので、絶対に必要なくだりではありましたが。

 

さて、最終回ですが、ラストは岡田将生(木村文乃と同じ「伊藤くん」の企画を田中圭に持ちこんでいた)が木村文乃を訪ねてきて終了。

映画にひっぱる感じでした。

映画、見たいな~。

ドラマがおもしろかったので。

 

映画ではEの女(岡田将生が田中圭に持ち込んだ伊藤くんの企画には、Eの女が存在していた)としてたぶん木村文乃が扱われるんでしょうね。

木村文乃の伊藤くん企画・・・A TO D

岡田将生の伊藤くん企画・・・A TO E 

この違い、映画でうまく表現されるのか・・・興味あります。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5