いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

さぼリーマン甘太朗  ときどき藤井隆にも見える尾上松也が子供のスイーツバージンを奪う

尾上松也の顔芸がだんだん進化してます。

面白いし、うまい。

 

さすがに歌舞伎の世界の人ですね。演技力は抜群です。

甘太朗も進化してる感じ。

 

しかし、尾上松也の顔芸が上達しまくった挙句、ときどきその顔が藤井隆を連想させます。

 

やっぱり藤井隆って一流。

どうしてそうなるかって?

 

尾上松也=演技は一流=顔芸も一流になってきた→藤井隆を彷彿とさせる=藤井隆はやっぱり一流

 

ほらね。

 

今の若い人には理解できないかもしれませんが、40代で藤井隆ってすごい! って思ってる人って意外に多いんですよ。

 

藤井隆っておもしろいし、歌えるし、踊れるし、演技もできるしって感じで、「神!」って思ってる(今風ないいまわしにしてみた)人ってすごく多い。

 

ただ、なぜか藤井隆の同年代(年齢にするとプラスマイナス5歳ぐらい)に集中してるんですよね。

 

他の世代には通じない(同世代だと共感できる)、なにかとくべつなものが藤井さんにはあるんでしょうね。

ということで、本題に戻ります。

 

土曜の午後に上司(皆川猿時)の息子のおもりをすることになった尾上松也。

その上司の家のある桜新町に向かいます。

 

その桜新町で尾上松也の狙うスイーツはおはぎです。

 

めちゃくちゃひねくれてて、甘いものは規制されている皆川の息子。

尾上松也になつくことなく、淡々と一人遊びを続けます。

 

この間に尾上松也はおはぎを購入。

このおはぎで皆川の息子のこころをつかみ、スイーツバージンを奪おうとします。

 

結果、息子はおいしいおはぎにあっさり陥落。

 

スイーツにめろめろになった息子は尾上松也にもこころを開きます。

話としては単純。

 

しかし、子供を前に顔芸を繰り返す尾上松也は見応えがありました。

 

今週もおもしろかった!

次週も楽しみなさぼリーマン甘太朗です。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5