いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

黒革の手帖 仲里依紗がカムバック。でも安っぽさは健在

今週は伊東四朗の罠にはまった武井咲が追い詰められまくります。

見ていてもストレスのたまる展開。

 

脱税とかしまくって私腹をこやしている連中(奥田瑛二とか高嶋政伸)を束ねた伊東四朗が巧妙に、ときに大胆に(手下に泥棒させたり)武井さんをいじめまくります。

 

結局世の中は悪いやつ中心でまわってるのかとくら~くなります。

ま、これまでの武井咲もちょっとやりすぎですが。

 

クラブを自分でオープンさせた程度でとどめておくべきでしたね。

それなら、こんなことになってないだろうし。

 

でも、伊東四朗の姿がリアルな世の中をあらわしてるんでしょうね。

金と権力をもてばやりたい放題。

 

警察、官僚、やくざ、脱税しまくりの金持ちたち・・・すべてを統治し、思い通りに動かします。

 

ほんとにあんな人いるのかな? と思いますが、いるんでしょうね、やっぱり。

どこかに。

 

あと、あそこまででなくても、中小企業の社長とかかなりの暴君だし。

似たようなものです。

 

懲らしめたくなりますよね。

 

それを体現したドラマがこの黒革の手帖なのですが、今週は武井咲がいじめられまくるので、見てて「爽快!」って部分はゼロです。

 

仲里依紗もカムバックしてきて、武井咲をいびります。

 

スナックで働いていたという仲里依紗(ぴ~~ったりな設定)。

 

伊東四朗の罠に参加し、銀座に戻ってきて、武井咲からクラブをもぎとるようです。

過去の銀行関係者それに参加してるのが、滝藤賢一。

 

こいつも小物感、こずるさが際立っていて、見ていて腹が立ちます。

 

伊東四朗の罠にはまった武井咲は、江口洋介の助けを得て、借金まみれになることは逃れますが、クラブを奪い取られます。

 

さて、どうなる。

次週が楽しみです。

 

↓↓↓書きものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5