いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

スマドラ 吉岡里帆、野村周平と豪華なキャスティングのショートドラマ

2017/6/27に放送されたスマドラ。
スマドラはFODで配信中のスマートドラマだそうです。
 
10分ぐらい(満たない?)のショートドラマでした。
 
電車でスマホで見る、といった層を狙ったものでしょうか。どんなものか。
とりあえず見てみました。
 
スマドラ3本が放送されたんですが、2本見て、終了(挫折しました)。
ちょっと合わないなという感じ。
 
若い層を狙った感じの内容だし、ちょっと楽しめませんでした。
 
一本目の「サンタの倒し方」は野村周平が出てたんですが、ファンタジーともSFともつかない内容。
 
大量のサンタがUFOにのって日本にやってきて・・・という内容なんですが、なんというか・・・
これだったらなんでもアリじゃんという内容。
 
ドラマ(フィクション)なので、もちろんそれでもいいんですが・・・面白く感じませんでした。
 
次の「彼方からのエール」には吉岡里帆と吉沢亮が出演。
二人が遠距離恋愛のカップルを演じています。
 
こちらは現実に即したというか、わりとリアルな内容。
 
二人はラインなどで頻繁にやりとりし、遠距離恋愛してますが、ある日ささいなことから喧嘩します。
 
そして、吉沢亮が連絡を絶ち、メッセージで吉岡里帆に別れを告げます・・・
 
で、場面が変わり・・・吉沢亮は実は病気になっていて、死んでしまっていたという内容でした。
 
いきなり重い。
 
オチとしてつらい。
この長さでこんな重いものを最後にぶちこんでくるのはいかがなものか。
 
ショートドラマで扱うテーマではないと思いました。
 
短いドラマって難しいですね。
 
どうしたって違和感がある。
見る側の慣れの問題もあるでしょうね。
 
いっそ、OLのランチの職場の悪口を十分間ぐらい切り取ったような内容(もちろん意味もオチもない内容になりますが)のほうが適しているかもしれません。