いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

有吉ジャポン 鈴木編集長がブレイク寸前の芸人をジャッジ。スタジオを凍らせたペコリーノ

お笑い界とは遠く離れたおしゃれなファッション業界(編集業界)に属する鈴木編集長が注目の芸人をジャッジ。
「おもしろい」か「イマイチ」の二択で審査していきます。
 
何組か出たのですが、個人的におもしろかったのは、女性二人のコンビ「ガンバレルーヤ」。
 
指毛は恥ずかしいけど、腋毛は恥ずかしくない(晒してる)というくだらないネタなんですが、アホらしくて笑えます。
 
頑張ってる姿も微笑しい。応援したくなります。
 
♪ここ~の毛(指)は恥ずかしい、ですが、ここ~の毛(脇)は恥ずかしくない♪
というフレーズもキャッチーで頭(の片隅)に残ります。
 
で、なぜ腋毛は恥ずかしくないかというと「錦戸君にも生えてるから」だそうです。
 
なんか錦戸君がいじられてるみたいな感じに(そんなこともないか)・・・ちょっと気の毒です。遠くの火事が強風で引火するみたいな感じ。
 
大やけどにはなりませんが。
 
一方、スタジオを凍らせたのは現役大学生のカップルコンビ、ペコリーノ。
 
男女二人組、大学生のコンビなんですが、このペコリーノの不可解さ、不愉快さがすごかった。
 
意味なしでもお笑いだからいいんですが、おもしろくない。妙に長くていらいらしました。
 
女子のほうが何かを口に含んでるようで(妙にへらへらしている)、それを男子が「もう、飲み込みなよ」と何度も促しますが、女子はへらへらと飲んだふりなどを繰り返しながら、飲み込みません。
 
口の中を映せるわけではないので、口の中に何かあるかないかもわからないし、男子をからかうような(言うことをきかない)女子のへらへらした姿にも共感がもてません。
ただただイライラする。
妙に長く時間が感じました。
 
それはスタジオにいた人たちも同様だったようで、鈴木編集長の表情は厳しくなるわ、田中みな実はとまどうような不快なような、怪訝な顔をしていました(それもどんどんひどくなっていった)。
 
スタジオ全体がもてあました感じ。
 
有吉はおもしろいと褒めてましたが本心なのか、フォローなのかはなぞ。
 
でも、まったく笑ってなかったので、あまりにもスタジオの雰囲気が冷たかったからフォローしたのではないかと思います。
 
全てのひとの笑いのツボを刺激するなんて無理なんですが、あのペコリーノの笑いを理解できる人たちがどれぐらいいるのか?
 
ちょっと疑問をもちました。
ネットとかでうけてるのかな。
 
ある程度うけてないと、ああいった場には出てこないはずだし・・・ほんとに謎です。
自分の感覚が古いと言われればそれまでですが(でも、鈴木編集長はともかく、二十代の田中みな実もかなりとまどった表情してたから、世代の問題とも思えん)。
 
イチかバチかでスタッフがキャスティングしたとしたら(それもトリに使ってた)、思いっきり外れたように感じたのですが、どうでしょう。
 
こればかりは好き嫌いが分れることなので、なんとも言えません(後日、すごいブレイクしたりして)。
 
↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓