いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

マツコ会議(掘り下げVTR) 43歳の母、二人の娘と一緒に制服を着て原宿を歩く

原宿の制服専門店を娘と一緒の訪れていた43歳のお母さん。
マツコたちにリクエストされ、制服姿になってくれました。
 
その姿を見たマツコは、
「ベテラン都銀窓口」
 
ほんとにそんな感じだったんです。
 
そのお母さん、二人の娘をひきつれ、制服を着て原宿を歩くことに。
 
そんな三人をちらっと見ていく人たちもいますが、三人はとても楽しそう。
いい光景でした。
いい家族なんだろうなって思った。
 
三人が最初に訪れた店は、JKに人気のメークのお店、エチュードハウス。
 
お母さん、ここでJKメークをしてもらいますが、その感想は、
「違和感がある」
 
でも、JKの娘さんには好評でした。
 
次は、巨大綿あめレインボーマウンテンを求めスイーツ店へ。
 
ここで、お母さんは初の自撮りに挑戦。
巨大綿あめ(並んで写真をとることで、小顔効果が見込まれる)と一緒にスマホで自撮り。
 
自撮りしなれていないお母さん、真剣にやりすぎて真顔で写っていました。
 
この不器用さ、誠実さが、まさにベテラン都銀窓口。
 
さて、最後に三人が訪れたのはプリクラ専門店。
ここでみんなで仲良く写真をとって終了。
 
ここでスタッフがお母さんに制服で原宿を歩いた感想を尋ねると、
「楽しかったです。あっという間でした」
 
もう一度どうですかといったフリには、
「もういいです」
と答えられていました。
 
さすがにベテラン都銀窓口、常識はあります。
 
あんなふうにちょっと悪ふざけして、家族で原宿を歩くのも楽しいんでしょうね。
 
原宿にファミリーは合わないと思ってましたが、そんなこともないようです(ただし、息子とか男親はやっぱりちょっとキツイ)。