いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

有吉反省会 雑二世パトロール&エセラッパーだったマーク・パンサー

最初のゲストはマーク・パンサー。
 
銀座線が好きすぎて、ブログは銀座線にまつわる記事ばかりということで、反省しに来ました。
 
銀座線って日本初の地下鉄だったんですね。勉強になります。
 
マーク・パンサー、生まれはマルセイユで、二歳のときは南千住にいたそうです。
本名は酒井龍一、今はDJとしてご活躍中です。
 
マークさん「(その前は)なんちゃってラッパーだった」
 
そんなマークさん、六本木のイメージがあるとのコメントに対し、「下町が好き」と返してました。
 
意外と普通の人というか、庶民的なんですね。もっと派手な人かと思ってました。人は見た目ではありません。
 
さて、次は雑二世パトロール。
一人目はTMネットワークの木根さんの娘、舞台などで活躍しているShaoさん。
 
木根さんに大事に育てられたShaoさんですが、父には嘘をついて、裏ではかなり派手に遊んでいたとのこと。
 
ありがちなダメ娘です。
でも明るくて、これはこれでいいんじゃないかなという感じ。
 
次は、城みちるの娘、ネットアイドルの城谷るりさん。
 
父のみちるさんを家政婦のようにこき使うということで、取り上げられてましたが、父親が「かわいいから(甘やかしちゃう)」と言っていたので、これも仕方ありません。
 
るりさん、まだ二十歳と若いし、こんなものかもしれません。
 
最後は、元西武の辻発彦さんの息子、辻ヤスシさん(32)。
父の発彦さんは真面目で、西武の監督さんをされてますが、ヤスシさんはなんとパチスロライター。
 
父親とあまりにもイメージが違いすぎるということで取り上げられてました。
 
ちなみにヤスシさんの好きな球団は、中日ドラゴンズだそうです。
どこまでも親不孝な・・・(でも、パチスロライターとして自立してるなんて立派だと思います)
 
三人の紹介映像を見た後のバカリズムのコメントは、「涙が出てきそう」。
 
たしかに、そんな感じもしますが、親が有名だったり偉大だったりするのって結構プレッシャーというか、かなり大変だと思います。
 
親は〇〇なのに・・・という世間の目にも耐えないといけないし、同情する点も多々あります。
 
そんな今週の締めくくりのコメントは大吉さん。
「収穫がありました。マークさんって酒井さんって言うんですね。あと、なにげにIVANの笠原がおもしろかった」
 
納得の大吉さんの締めのひとことでした。