いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

女囚セブン ついに高嶋政伸と対決。外で活躍する山口紗弥加

今週、一気に話が進みました。
ちょっと一気すぎ? って感じもありましたが、おもしろかったです。
 
梶芽衣子が剛力彩芽の母(剛力ちゃんが二役やってます)と若いころに友人だったということで、回想シーンでは、梶さんが二十代(たぶん二十代)にチャレンジしてましたが、あれはやっぱりちょっと無理が・・・
 
だいぶぼかした映像になってましたけど、技術を駆使しても無理は無理です。
でも梶さんって、実際よりはかなり若いし、おきれいですよね。
 
ということで、あらすじ。
女囚たちの部屋で停電が起き、その場にいた看守のドウメキがさされます。
 
しかし、これはドウメキの自作自演。高嶋政伸に脅されてやったことでした。
 
ドウメキの殺人未遂の罪を疑われた女囚たちが取り調べを受けます。
 
剛力ちゃんは皆の安全と引き換えに、黒革の手帳の在り処を高嶋さんに教えます。
黒革の手帳はクラウド上にアップされていました(パスワードがルパン)。
 
そのデータを消去した高嶋さんは、女囚たち全員を抹殺しようとします。
 
剛力ちゃんは皆のために、ドウメキ殺しを自供しますが、なんと安達祐実たちも口をそろえて自分がやったと自供。
取り調べは無効になります。
 
剛力ちゃんと一緒に高嶋さんを倒すと息まく女囚たち。
そんな彼女たちに、剛力ちゃんは「もう一枚カードがある」と口にします。
 
外の世界では、釈放された山口紗弥加が大活躍。
 
おかみさん(梶芽衣子)と連携して、高嶋さんの秘書が殺された芸妓といい仲だった(この関係を利用して、芸妓は高嶋さんの秘密を握った。そして、金を脅して殺された)ことなどをつかみます。
 
高嶋さんの手により、無い罪で逮捕される梶芽衣子。
逮捕される寸前に山口紗弥加に、剛力ちゃんの櫛をたくし、剛力ちゃんと高嶋さんのDNA鑑定をしてくれと依頼します。
 
山口さんは高嶋さんに近づき、高嶋さん使用のコップを入手。DNA鑑定を実施します。
 
黒革の手帳問題は解決したと思った高嶋さんですが、黒革の手帳のこと(不正のこと)が雑誌に出ると情報を入手して大慌てになります。
 
刑務所では、女囚たちが全員姿を消し去ります・・・つづく。
 
普段の二回分ぐらいの内容が詰まっていて、見応えがありました。
 
やっぱり高嶋さんと剛力ちゃんは親子のようです。
 
来週、女囚たちで高嶋さんを懲らしめて終了となりそうですが、そこまでの流れが楽しみです。