いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

有吉ジャポン ミミズさん転職?春のオネエニューススペシャル

2017/5/6の有吉ジャポンはひさしぶりにオネエスペシャル。
 
「食」の回ばかりだった有吉ジャポン、久しぶりに新宿が映りまくります。
まずはミミズさんのニュース。
 
ひげガールのミミズさん、同期のほたるさんがOLとして働くために店をやめたことに触発され、自身もOLになりたいと店を辞めていました。
 
とゆーことで、転職活動を開始。
かつらをかぶり、リクルートスーツを着て(女装)、イベントの施工会社の面接を受けます。
 
面接官はミミズさんの服装にふれ、黙り込むシーンも。そして、結果は不採用。
 
このあともミミズさんは面接を受けますが、7社すべて不採用になります。
 
そして、知り合いの紹介により、焼き鳥屋さんでアルバイトすることに。
店長さんは「見た目では判断しない」といういい人でした。
 
ミミズさん、OLになるという目標は達成できず、アルバイトをする日々。
どこの業界も現実は厳しいです。
 
そして、馴染みのBARで酔いつぶれ、ひげガールのベルさんたちに迎えに来てもらうはめに。
 
失意のミミズさんを励まそうと、ひげガールのおの子さんが水戸に旅行に連れ出します。
 
おの子さんはミミズさんをテレビで見て、ひげガールの門をたたいた方。
 
ミミズさんの力になりたいと旅行に誘い出しました。
 
おの子さん、ミミズさんを水戸最古のおかまバー「うさぎ」に連れてきます。
 
古参のおねえたちがショーで頑張る姿を見たり、うさぎママに「(自分をいかせる場所に)もどったほうがいい」と言われたりして、ミミズはひげガールに戻ることにします。
 
スタジオには久々に吉村が登場。
「俺、これ(おねえの回)しか呼ばれない」と不満を口にします。
 
ほかにもおねえニュースが流れていました。
 
エスムラルダさんは、完全オリジナル脚本を書き、一人ミュージカルを実施。役者のオファー殺到中だそうです。すごいですね。才能豊かな方です。
 
ひげガールでは、80種類のラインスタンプをつくり、これが歌舞伎町で流行しているということ。
最近は、何が流行るかほんとにわかりません。
 
あとは、二丁目のバー、ムーミンさんの整形がプチニュースとして流れてました。
お店のため(客数をのばすため)の整形でしたが、あまり効果は出てないとのことでした。
 
ひさびさのおねえの回、大きいニュースから小さいニュースまでてんこ盛りで楽しかったです。
 
有吉ジャポンはやっぱりこーゆー夜の雰囲気のネタが合うなと思いました。
 
↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓