いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート

女囚セブン いきなりスイッチがはいり、ドスをきかせまくる剛力彩芽。謎のキーワード「るぱん」とは?

同室の女囚が弱みにつけこまれたり、おどされたりして刑務官にあやつられ(刑務官をあやつっているのは謎の人物)剛力彩芽について探っていく。
 
でも、剛力ちゃんはその女囚を説諭してどんどん味方につけていく。
刑務官は追いつめられていって、だんだんやることが派手になっていく・・・
 
このサイクルができあがってきました。
 
女囚たちのキャラにも慣れて落ち着いて見れるようになった反面、ちょっと流れがわかりすぎるので、後半にかけては退屈に感じるところも。
 
剛力ちゃんは普段は気が抜けたようにすごしているのに、ここぞというときは京都言葉にドスを交えながら、女囚仲間の心をたぶらかしていきます。
 
ちょっとスイッチがはいるのが極端というか、使用前使用後が激しすぎるというところがありますが、剛力彩芽が言葉で相手をひねりあげていく様子はおもしろいです。
 
今週、剛力ちゃんに近づいていく女囚はトリンドル玲奈。
 
トリンドルさん、元ヤンの役ですが、ヤンキーっぽさが全くはまりません。
 
真面目で大人しいシーンはばっちりなのですが。本人のキャラが強すぎるんですね。
役は選んだほうがいいと思います。合わない役はとことん合わないタイプです。
 
今週は木野花さんの渋さが目立ちました。
 
ほかの女囚たちがキャラが激しい役なので、木野さんの「普通のよいおばさん」がほっとするというか、心にしみる感じ(大袈裟)。
 
でも、木野さん、年長者という設定でいいセリフもすべてひとりでもっていってます。
 
おいしい役。
 
とゆーことで、今週のあらすじ。
 
子供に会わせてやると刑務官に言われ、剛力ちゃんを罠に落とすトリンドルさん。
 
そのせいで剛力ちゃんは懲罰房に入れられ、刑務官にしごかれます。
 
それでも濡れ衣を着せられた自分の事件に関して口を割らない剛力ちゃん。
解放されます。
 
そこへトリンドルさんがさらに仕向けられますが、剛力ちゃんはトリンドルさんに「あんたのしたことは悪くない。殺した相手の元旦那がどうしようもない男だったんだ」と言います。
 
これで剛力ちゃんは逆にトリンドルさんのこころをつかみます。
 
剛力ちゃんから何も言葉を引き出せない刑務官。
刑務官を操っている人物は焦っており、刑務官も身の危険を感じています。
 
塀の外では、剛力ちゃんの母親代わりの梶芽衣子が「黒革の手帳」について調べ始めますが、まだ何も出てきません。
 
また、剛力ちゃんの回想から、剛力ちゃんの亡き母(剛力ちゃん二役でした)と殺された芸妓仲間がそろって同じキーワード「るぱん」を残していたことがわかりました。
 
そして、「黒革の手帳」のキーワードを知っている週刊誌の記者が剛力ちゃんを訪ねてきます。
 
女囚の過去を明らかにしていく反面、剛力ちゃんの周辺のの謎についても深めていくという感じが続いています。
 
そろそろ剛力ちゃんの謎に関しても、少しずつ明かされていってほしいです。
 
今の流れだと、剛力ちゃんがどんどん同室の女囚たちも味方につけ、女囚たちも一緒に剛力ちゃんの謎を解くのに力を貸していきそうですが、どうでしょう。
 
山口紗弥加あたりは、剛力ちゃんの事件や謎に直接絡んでいるような気もします。
 
あと、木野さんが一番強敵になったりして。それはないか。
 
来週は橋本マナミが剛力ちゃんに近づいていくようです。