いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

貴族探偵 生瀬勝久、松重豊、滝藤賢一、大ベテランたちを無駄遣い

スタート前からいろんな意味で話題になっていた貴族探偵。視聴してみました。
内容は・・・だいぶ厳しいです。
 
笑えるわけでも、泣けるわけでもなく、なるほどとうなずかされるわけでもない。
 
どの点を評価したらいいかわからない状態。推理自体も平凡。
 
あと、おもしろ担当の生瀬勝久がすべりまくっていて、気の毒でした。あの内容だと、誰がやっても滑ると思います。
 
武井咲が出ずっぱりなんですね。大変だと思います。ほぼ全編に出てたので。
最初も武井咲と井川遥のアップ対決(にらめっこだったんですが)がスタート。
 
井川さん、年よりだいぶ若く見える方ですが、武井さんとアップを交互に映されてはさすがに年齢を感じさせます。
あんな必要でもないシーンで、そんな傷をつけられて、結構な災難です。
 
嵐の相葉くんが貴族になり、その周辺の執事たち(松重豊、中山美穂、滝藤賢一)が推理をしていくという内容なんですが、執事たちの見せ場もほぼなし。
 
松重豊、中山美穂、滝藤賢一、これだけの人たちをかなり無駄遣いしてます。
 
あらすじとしては・・・
 
武井咲がお得意様、木南晴夏の別荘に挨拶に行くと、そこで殺人事件に遭遇してしまいます。
 
やってくる刑事が生瀬勝久。そして、貴族探偵(相葉さん)が登場し、捜査がはじまります。
 
しかし、貴族探偵は事件を調べたりすることなく、貴族の召使たち(中山さん、松重さん、滝藤さん)が事件の調査にあたります。
 
犯人を絞った武井さん、皆の前で推理結果を披露します。
武井さんのわりだした犯人は貴族。
 
しかし、これを貴族の執事、松重さんの推理が覆していきます。
 
結局、松重さんが正しい犯人を探り当て、事件は解決。
 
武井さんは推理をしない探偵なんて探偵じゃないと貴族に食ってかかりますが、犯人を当てられなかった君こそ探偵じゃないと返されてしまいます。
 
一話の内容はざっとこんな感じ。
とにかくおもしろポイントがありません。
 
出演者がやたら豪華なので、それをチェックしてたら終わった感じ。
数字(視聴率)の結果はどうなるかわかりませんが、内容的には結構厳しいと思います。
 
この調子で続いたら、数字的にも惨敗するのでは?
 
同じフジの新ドラマ「人は見た目が100パーセント」は初回の数字はふるいませんでしたが(9%台)、内容はわりと面白かったので今後に期待がもてますが、貴族探偵はちょっと厳しそうだなと感じました。