いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

女の勲章(前編) 松嶋菜々子と玉木宏のいい声対決。薬師丸ひろ子のテーマソングは高級感たっぷりでぐっとくる

松嶋菜々子と玉木宏の二人のやりとりが中心に物語が進んでいきます。
このお二人、きれいなだけじゃなくて、なんともいい声。美声対決です。
ドラマの内容でも惹かれあったり、弾き合ったりする二人なので、まさに対決の様相。
いい声、よく声の通る二人のおかげで内容が聞き取りやすい。
 
偶然かもしれませんが、他の出演者もみんなセリフが聞き取りやすい人が多かったです。
ベテランの長塚京三、江波杏子に浅野ゆう子、相武紗季やミムラなども皆さん声の通りがよくて、セリフが聞き取りやすい。
内容的に視聴者の中心が中高年以上のなることを予想してのことなら、すごいことです。ドンピシャ。
 
テーマソングの追憶、薬師丸ひろ子が歌ってるんですが、これがなんとも高級感というか深みというか重厚感があっていいんです。ドラマの世界観にもはまってるし。
これが流れると、内容が三割増しに見える。薬師丸ひろ子の声はほんとにきれいでいいですね。
きれいなんだけど、きれいなだけじゃなくて、ちゃんと人の心に響くものがあります。
 
物語ですが、山崎豊子原作ということで、もっと大河的なドラマになるかと思いきや、内容は女子のドロドロも描いていて、わりと柔らかいものでした。
このあたりは好き嫌いもわかれそう。
玉木宏が中心になり、女たちの心を翻弄しながら、自身の地位を高めていく役なので、こーゆー描き方になるのは仕方ないんですが、もっと重厚なものを求めていた視聴者には合わなかったでしょう。
 
松嶋菜々子がお嬢様ながら、戦争ですべてをなくし、洋裁学校をはじめ、イチから身を立てていく女を演じます。
この女性に金のにおいを嗅ぎつけてとりつく色男が玉木宏。一本気で真面目ながら恋愛経験のない松嶋菜々子をたぶらかし、操ります。
 
ピリピリ感もあり品もあり、身を立てていく根性もある役に松嶋菜々子がぴったり。
また、お調子者で人の心を読みながら要領のよさで世の中を渡っていく役に玉木宏もはまってます。
 
あらすじはどんなものかというと・・・
船場の生まれながら戦争で親も家も失った松嶋菜々子は洋裁学校を開き、成功させます。
きちんとした校舎を構え、事業をふくらませようとしたところに寄ってきたのが玉木宏。
松嶋菜々子に取り入り、従業員となり、学校の運営に関わります。
デザイナーとしても成功していく松嶋菜々子に嫌がらせをするのが関西デザイナー界の大物、浅野ゆう子。
ことあるごとに松嶋菜々子の邪魔をしますが、玉木宏が色仕掛けで浅野ゆう子をおさえこみます。
 
そんななか、松嶋菜々子は玉木宏の恩師、大学教授の長塚京三と出会います。長塚に惹かれる松嶋さん。
長塚さんに学校の顧問をお願いしますが、世間とは距離を置いている長塚さんに断られます。
しかし、あなたの作る服は好きだ、個人的には応援しているという言葉をもらえます。
 
玉木さんは松嶋さんにも手を出します。これに戸惑う松嶋さん。
しかし、恋愛経験のない松嶋さんは玉木さんのテクニックに陥落します。
玉木さんは、松嶋さんだけでなく、松嶋さんの弟子であり、学校運営にも深くかかわっているミムラ、相武紗季、木南晴夏のうちミムラと相武紗季にも手を出し、コントロールしていきます。
 
自分以外の女にも手を出していると知り、松嶋さんは玉木さんを跳ねつけます。
玉木さんの力もあり、松嶋さんの洋裁学校は校数を増やしていき、また、デザイナーとしても名が売れた松嶋さんのもとに映画の衣装製作の依頼も入ってきます。
しかし、玉木さんに他の女の影がちらつくことが松嶋さんは気になってしまい・・・
とゆー感じで続きました。
 
展開が早く、登場人物も多いので、一つ一つの出来事や登場人物の気持ちを丁寧に描くというよりは、あらすじを追っている感じが強いです。でも、スピーディーで面白い。
 
相武紗季のあっけらかんとした感じは良かったです。木南晴夏のじめーっとした嫌らしい感じもマル。女のドロドロした世界観を出すのに役立っていました。
でも、ドロドロした感じはあまり出さずに、一人の男が複数の女に手を出し操るという内容を描いています。
 
そこにはあまり焦点をあてず、大庭式子(松嶋菜々子)というひとりの女性の人生をメインに描くことに注力しているようです。
 
浅野さんと松嶋さんのメイクとスタイリストは他の人とは別になっているようで、テロップに名前が出てました。
すごいです。確かにお二人ともおきれいでしたけど、それだけ力も入ってたってことなんですね。
 
松嶋菜々子の衣装や小物の数がすごく、ちょっとした一人ファッションショー状態になってましたけど、それもこのドラマの見どころの一つになっていました。
昭和モダンな感じは松嶋さんにはまってましたしね。
 
後編も展開が盛りだくさんになりそうな女の勲章。続けて視聴します。