いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート

夜の巷を徘徊する 松陰PLATの雑貨屋さんでロン毛の店員さんの髪質をマツコがうらやましがる

世田谷区、松陰神社前の二週目。

まずは駅前の松陰PLATへ。カフェや雑貨店が入る商業施設です。

施設に入る前に、東急世田谷線の電車を見ようと足を止めるマツコ。

踏切付近の学生に話かけます。

二人の学生は19歳の国士舘大学の一年生で、空手部だということ。

これに対しマツコは、

「ああ~、ロケじゃなかったらな~」

とひとこと。絞り出すような声でしたね。本音っぽかったです。

待っていた電車が通り、手を振るも、車内の人は誰も気づかず。

とゆーことで、PLATに入り、雑貨店 fridge setagaya 別館2階 に立ち寄ります。

そこにはかなり髪の毛を伸ばした店員のお兄さんが。

なんで髪の毛を伸ばしているのかとマツコが問えば、「趣味」とのこと。

マツコがその23歳のお兄さんのロン毛をさわりまくります。

「驚くほど髪質がいい」

その後も髪の毛をさわりまくり、うらやましがりまくるマツコ。

お兄さん、苦笑いしながらも、されるがままでした。テレビだというのに、ずいぶん落ち着いていて、慌てる様子を見せないお兄さん。

若いのに器がでかい感じです。

メインの商品は、千葉の工房で手作りしているというビン詰めのキャンドル。

でもマツコが興味をもったのは、アフロ用のくし。

オーナーも地毛が剛毛ということで、何種類か置いてあったアフロ用の櫛。マツコも気にいったものを購入していました。

ほかには群馬県で採取したはちみつも購入。

エコバッグをほしがるマツコを見て、店員のお兄さんがオリジナルエコバッグ(3500円)をプレゼント。

そして、最後にまたお兄さんの髪を手ぐししながら「いいな~」を連発したマツコでした。

PLATを出て、クローズしていたパン屋さんに立ち寄りますが、このお店「ブーランジェリースドウ」は食パンが予約で一か月待ちという人気店で、残っているパンがありませんでした。

とゆーことで、次のお店へ。

ちょっとぶらぶらとした後に入ったお店は、マリショウ アリク。

元は築地の仲買人だった店長さん(39歳)が三年ほど前にオープンした、カキなどの魚介類と野菜中心の料理を出す居酒屋さんです。

料理を口にしたマツコの感想は「健康に良さそうだけど、ちゃんと味も濃くて良くて、いい」。

お店には商店街のイベント「松陰神社前公園祭り」について相談している方々も。

その中に、34歳の不動産屋さんの男性がいました。

この不動産屋さん、PLATも管理していました。

ちなみにPLATは築五十年以上の物件をリノベーションしたものだそう。

管理物件は300部屋以上、アパートなどの1棟ものの物件も20棟ほど所有しているいうこの男性に「やまといもの素揚げ」をもらったりしながら、最後はカメラマンのお客さんに集合写真をとってもらい終了。

来週も世田谷編が続くのか、別の街へ行くのか。

夜の巷を徘徊する、派手な内容ではなありませんが、毎週楽しみです。