いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

嫌われる勇気で久々に見た香里奈 「なんであいつ(伊藤英明)はよくて、私はダメなんだよ」と思ってるはず

嫌われる勇気、最終回にして最低視聴率だったとか。

これは痛い。

視聴率がどうだったかということももちろん問題ですが、最終回にむけて盛り上がったか、盛り下がったかということは、大問題。

放送後にも配信だったり、DVD販売、DVDレンタルなどがあり、二次的な商売が大事になっているのが今のドラマ。

最終回に向けて盛り上がったり、話題になるドラマはこの二次的な商売がうまくいくので、ラストスパートは今のドラマにとっては非常に大事なことなのです。

香里奈、復活ならずでしたね。

とゆーことで、久々にテレビ画面で見た香里奈。

あの騒動以降、すっかり人気が落ちてしまいましたね。復活もせず。

女子に対して奔放、大胆といったイメージを決して日本人は認めないということでしょう・・・でも、果たしてそうなのか。

もちろんそれもあると思います。なんやかんやいって、日本人は女性にたいしては貞淑(死語)であってほしいもの。

愛しぬいた特定の一人の男性の前で奔放になることはあっても(これはむしろ歓迎される)、性に解放的であってはいけないのです。

これは男子が抱いている勝手な思いこみというわけではなく、女子もそう思っているよう。

香里奈に対する女子の態度(人気が戻らず)を見ていて、そんなふうに愕然とさせられました。

ぜんぜん進んでない。女子に対する抑圧的な考え方は、昔のまんまです。

でも、でも、でも(小島よしおか)・・・大胆とか解放的とか奔放の前に、もっと皆さんが問題としている点があるように思うのです。

それはイメージと違うという点。

香里奈はさばさばしたキャリア女子で、若い割には姉御肌のイメージで売ってました。

性的なイメージはなく、男にかしずくイメージとはほど遠かった。

これで女子人気を獲得したのです。

男子より女子に人気の方でしたしね。

しかし、すっぱ抜かれたぱっか~ん(大開脚)の写真は、そんなイメージを裏切るものでした。

ちょっとHだねという写真だったら、イメージは揺るがなかったと思います。

しかし、あの写真から出る、誰でもいいからお寄りなさいよ的な感じで男子をあおっている感じは、ちょっと女子には受け入れられないものでした。

ベッキーの騒動のときもそうでしたが、世間が許さないのは、何をしていたかではなく、イメージとどれだけ乖離しているか。

これが大きいと「裏切られた」という感じになり、「許さない」となってしまうのです。

しそうな人がした不倫と、しなさそうなした人の不倫は重みが違うということです。

理不尽ですね。

でも、実際はそうなってしまいます。

石田純一がした十回目の不倫(相手を何回も抱いている)より、荒川良々がしたたった一回の不倫(相手としたのは一回きり)のほうを世間は問題とするのです。

久々に連ドラ主演をこなしている香里奈、画面から感じる印象ですが、すっかり印象が変わってしまいました。

穏やかに大人になった感じですが、何かを悟ったようなあきらめたような感じが漂っています。

色の白さや肌の感じ、すらっとした背格好、彫りの深さなどから、北欧の女性のような感じも。

もともと日本人離れしたイメージの方でしたが、今では日本人よりずっと外人によっているように見えます。

あの事件がそういった変化にどれだけかかわっているかわかりませんが、かなりの心労だったでしょう。

ちょっとというか、かなり気の毒。

自業自得という人もいますが、そうでしょうか。

そこまで厳しくする?

いやがる誰かにあの姿でまたがったというならともかく(それは犯罪です)、同意のもとに集まった数人で楽しんでる(薬はダメよ)なら問題ないのでは?

でも、やっぱり集団ってまずいのか。犯罪になりそうですね。

このあたりはジャッジは難しいですが、でも彼女の場合は、犯罪性を問われて失脚したわけではないので、やはり問われたのはイメージとの乖離です。

香里奈、好きでも嫌いでもなかったけど、どっちかっていうと好き寄りだったので、ちょっと残念です。

でもって、同じく好きでも嫌いでもないけど、ちょっと好き寄りな俳優さんで似たような事件を起こしてたのが伊藤英明。

こちらの写真は見てないのですが(たしか袋とじだった)、どうやらオラオラ状態で女性に〇ェ〇らせていたとか。

それも一対一ではなく、その場には複数の女性もいたそう(たしかそんな内容でした)。

これって一人で股開いてる香里奈より、ずっと衝撃的なえづらですよね。

絡みもありだし。

どういったアングルでとられた写真かは確認してませんが、状況が確認できる写真だったら、かなり衝撃的で刺激的なものに違いありません。

で、この写真が報じられて伊藤さんにダメージがあったかというと、イメージダウンはあったのかもしれませんが、仕事には影響がなかったように見受けられます。

木村佳乃とドラマに出てたり、映画に出てたり(「3月のライオン」にも出てるらしい)、お仕事の依頼は切れてないようです。

しかも、以前と同じようにハイクラスな俳優として扱われている。

さて、伊藤英明のイメージがまったくといって傷つかなかった理由ですが、まず男だったというのがでかいでしょう。

男が性に奔放、性欲が旺盛、性で冒険をしているというのはなぜかそんなに責められません。

男子も女子も「男だし、そっちのがいいじゃん。豪快で。かっこいい」と称賛する人も少なからずいる。

とくに男子は称賛する派も目立ちます。

芸能人のことだし、他人ごとだしね。

そんな適当なジャッジをする人も多いでしょう(でも香里奈みたいな事件は糾弾するけど)。

最近は不倫とか浮気にものすごく厳しいですが、伊藤さんの写真がすっぱ抜かれた頃ってまだここまでじゃなかったんですよね。

あ、でも、あの写真がとられたとき伊藤さんってまだ独身ですね。これは関係ないか。

話題になるかならないかは、すっぱ抜かれる時期にもよりますしね。ほかにもっと大きな事件があればかすみますし。

伊藤さん、こんな写真が出たことはアンラッキーでしたが、あまり騒がれることなく、やはり強運は強運。

伊藤さん、もともと肉体派で性は強そう、奔放そうというイメージはあります。

それがモテの一因にもなっていた。

つまりイメージを裏切らない事件だったわけです。

知的な藤木直人だったり、同じような肉体派でも知的なイメージも強い鈴木亮平だったりがこんな事件を引き起こしたら、たいへんなイメージダウンです。

でも、筋肉質でどこかがさつそうでワイルドな伊藤英明がプライベートで奔放にさかっていても誰もそんなに責めない。

男だし・・・

こんな様子を見ていて、香里奈は絶対思ったはずです。

「なんであいつはよくて、私はダメなの?」

男女平等が当たり前の世代の香里奈がこう思うのはしごく当然(ほんとは伊藤英明と香里奈だと、もともとの「格」が違うということもあるんですが)。

男女平等どころか、平等なんてものは世の中にもどこにもないんだよ。あんたらがちょっときれいなだけで(実際はかなりきれいですが)、ものすごいお金をもらえるのだって、こっちからみたら不平等なんだから・・・

そんなふうに言ってやりたい感じもします。

でも、香里奈、がんばって。

ここまでたたかれているとひそかに応援したいという人もいるはずです。

そんな雰囲気が徐々にひろがれば、きっとまた元の(元に戻るのは難しいか)クラスの女優に戻れるはずです。

別にファンでもなかったのに、書いてるとなんとなく香里奈を応援したくなってきた自分が不思議。

伊藤英明と香里奈。

性に関する私生活の片鱗がアンラッキーにも表に出てしまった俳優さん二人。

今後はどのようなお仕事をしていくのか、やっぱり気になります。