いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

マツコの夜の巷を徘徊する 有楽町編、その三。焼きたてパンと鼻毛脱毛

2017/3/17放送の夜の巷を徘徊する、有楽町ビル&新有楽町ビルの三週目でした。

先週までかと思っていた有楽町編、まさかの三週目に突入です。結構長くやりますね、このビル。

とゆーことで、まずは料理教室のパンコースを見学。

料理教室の先生が「パン食え、パン食え」とマツコにすすめまくり、見学するはこびになりました。

6、7年はパン作りをしているという上級者コースのパンを食べたマツコの感想。

「めちゃくちゃうまい」

先生が推すだけはあるようです。さらに上級者(10年以上の経験のある方たち)、ラスボスグループの作ったパンも試食することに。

その前にマツコ、パンの生地を触らせてもらいました。

マツコ「こんなに柔らかいの~。マシュマロより柔らかい」

マツコ、大興奮でした。パンを食べた後も、

マツコ「焼きたてっておいしいんだね。何これ~」

コメントの内容といい、マツコのやっているタイガーの電化製品のCMを彷彿とさせました。

次に訪問したのは、理容店SKY。ここではぶらジリアンワックスの鼻毛脱毛(2160円)を体験することに。

マツコ「ぜってー(あらい)モザイクかけろよ」

まあ、そうですよね、ざっくり抜けた鼻毛ってみられたくないですよね。(放送)需要もあると思えないし。

でも、ちょっと怖いもの見たさで見てみたいかも。

鼻毛脱毛、二つの穴一気ではなく、一つの穴ずつで実施していきます。ワックスが二分半ほどで固まるのを待って、ワックスがついた棒を一気に引き抜きます。

えいやっと一気に抜くんですが、マツコ、特別痛がる様子もなく、結果を確認してました。

最初の穴の脱毛結果は大したものではなかったようです。

店員さん「パヤ毛(細い毛)だからあまり抜けなかった」

そんなもんなんですね。とゆーことで、もう片方の穴も脱毛実施。

こちらのほうが多く抜けたようです。

店員さん「持って帰ります?」

マツコ「いらないです~」

そんなやりとりを終え、店を後にしました。

次に訪れたお店は、MARUNOUCHI TRAVEL LAB。岩手出身のおねーさんが切り盛りしている、新潟の日本酒がのみくらべできるお店です。

一か月ほどまえにオープンしたばかりとゆーことで、今はまだ一つの蔵のお酒した扱えてないということ。

マツコは今代司酒造の三種飲み比べ(¥500)をいただくことに。

三種類飲み比べした後のマツコのコメントは、「鼻毛抜いた後だから、匂いが(ダイレクトに鼻腔に届いて)すごい」というものでした。

鼻毛を大量に抜くとそんな感じになるのでしょうか。

お酒の匂いより、そっちのほうが断然気になりました。

今週で有楽町編は終了。来週はどこの街へ行くのか。楽しみです。