いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

生涯未婚率と子育て手当と都心三区の人口増加

国立社会保障・人口問題研究所が調べた生涯未婚率が発表されていました。

長い名前の研究所ですね。

で、その生涯未婚率がものすごく高くなっているそう。

男性が23.37%(ほぼ四人に一人)、女性が14.06%、東京の男性は26.06%で女性は19.20%だそうです。

全体のパーセンテージをみるとそんなものなのって感じでしたが、東京の数字を見ると納得です。

そして、今後も上昇すると思います。絶対に下がらない。

「非正規の増加も影響している」とニュースには分析結果が出ていましたが、まあ、収入の減少が響いているというのはあるでしょう。

分析するほどもない結果です(もっと違う理由を探し出したりするのが研究者の役目では? 解決策を提案しろとまでは言わないけど)。

今後二極化はさらに進んでいくので、賃金の低い層の底上げは望めません。

失業率や求人倍率の数字が良い状況が続いてますが、(賃金の低い層の)賃金上昇にはつながってませんしね(条件の悪い求人、人が就きたくなかったり続けられなかったりする仕事の求人数が増えてるだけなのでは)。

つまり、給与がネックとなっていて結婚できない層は今後も結婚できそうもないということ。

貧乏サイドに属する人間から見てると、あ~あ、こんなのつついても(研究し続けても)何も変わらないのにねっていう感じ。

でもって、都心三区では、人口が増えているという。

高所得者層の子育て層が利便性を求めて住まうらしい。金はあるから、時間(職場への移動時間など)を買うという意味もあるのでしょうが、子供の教育のことを考えてということもあるんでしょうね。

金があれば何でもかなっちゃうのは今も昔も変わらずですね。

結婚、出産、そして豊かな子育て、これらは現代では贅沢品(言い方は悪いが)なので、手に入る人たちはぶっちゃけうらやましいっちゃうらやましい。

都心三区とか、一度は住んでみたいですもん。

で、ふと思うのは、こーゆー人たちにも子育ての手当って出てるの? ってこと。

たぶん収入別だったり地域別に手当って違ったりするんだろうけど、正直、自分より豊かな層に税金が回ってるなら、ちょっとどうにかしてくれ、単身者でも生活が苦しいひとはいっぱいいるよということ。

それが生涯未婚率につながっているのでは? ゆる~いつながりかもしれませんが。

もちろん補助をあてにした生活なんてしないし(がんばって働くよ。黒~い感じで働かされてるけど)、税金もちゃんと払うけど、でも、なんだろう、この納得のいかない感じ。

豊洲の騒ぎとか見てると、税金の使い方もちゃんとしてるとも思えないし。

人口減少がまずい、子供を育てさせなければという政府の方針もわかるのですが、結婚に手が届かない層はおいてけぼりなの? 

こんなに未婚率があがっているのに?

いまだに家族がある層にばかりフォーカスした補助を行ってる政府に疑問です。

日本って結婚して子供をもってってスタイルが当たり前だったから、結局それにのっかったほうが豊かな生活ができるように作られてるってテレビで学者みたいな人が言ってたけど、その通りなんだなとほんとに思う。

生活保護までいかなくても、生活が苦しいって人はいっぱいいるんです。みんな一人でがんばったりしている。

それなのにねえ・・・

このまえ、ボンビーガールをちらっと見ていると、三人ぐらいお子さんがいるシングルマザーの家に森泉ちゃんが行き、家具をつくってあげるというのをやっていました。

で、びっくりしました。

その家の生活費というか、子育て手当をどのくらいもらっているかという数字が出てたんですね(そこまであからさまにするのはどうかと思った。数字がとれるネタなんだろうけど)。

結構出てるんですよね。

それでも子育てしてる方からしたら、少ない、苦しい、子供がいないからわからないんだ、いろいろかかるんだぞ! ということだと思います。

そういわれると、まあ、そうですよね・・・と黙り込むしかない。

でも、その方の家のなかの様子を見てると、何か違うなと感じるんです。

おもちゃにあふれ、家電もすべてきっちりそろっている。

自分が子供のころに見ていた家の風景とはあきらかに違う。豊かなんです。

「おまえんちが貧乏だったんだろ」とか「時代が違うんだよ」と言われれば、これまた仕方ない。

でも、親にはそれなりに育ててもらったし、金持ちにはなれませんでしたが(ってゆーか、ほど遠い)、まじめにやっている。

「なんで自分の大切な子供におまえと同じような貧しい暮らしをさせないといけないんだよ」

子供を守るあまり、こーゆースタンスに立っている親は少なくないと思います。でも、補助に守られず単身でがんばってる層(しかも貧乏寄り)からしたら、だったら自力で頑張ってくれということ。

そもそも結婚できたりする層は、一人でがんばってる貧乏寄りな層より、ぜんぜん豊かなんです(勢いでできちゃった婚をして、のちに苦労している層もいるかとは思いますが)。

強いものを弱いものが支えている(職場ではそういった流れはもう顕著なんですが。一部の高収入の人のために、兵隊たちが頑張ってますよね)。

生涯未婚率の上昇をみていると、そういった側面も強くなってきているのでは? と思いました。