いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

東京タラレバ娘 優しくてかわいい早坂(鈴木亮平)&どうしようもない男に対しても落着きがある大人のいい女、小雪(大島優子)

最終回、完全に原作を離れてオリジナルな内容になってましたが、結構おもしろかったです。

倫子(吉高由里子)とKEY(坂口健太郎)のシーンが多くて、それがよかった。

この二人、バランスというか相性がいいですね。

吉高由里子は童顔で若く見えるので、鈴木亮平より坂口健太郎のほうが似合ってました。

今回はちょっと優柔不断な感じの倫子と、ぶっきらぼうだけで優しい(声は低い)KEYのやりとりが、キュンキュンきました(大丈夫か? ストレスからくる動悸では? )。

ラストのシーンもこれぞ恋愛ドラマの王道(というか、ちょっと少女漫画っぽかった)という感じでべったべたでしたが、よかったです。

改めて吉高由里子は演技力もあるし、やっぱりきれいですね。

坂口健太郎もそうだけど、ものすごい派手で華やかな感じではないですが、よく見るとめちゃくちゃ整ってます。

体つきのバランスも良いし(骨格がいいのかな)。

鈴木亮平は予想通りふられるのですが、鈴木亮平が役に合わせて繊細に優しく振舞っていたのがかわいかったです(ちょっとオネエみたいなシーンもあったけど、それもまたよし)。

頭のいい方なので、いろいろ考えて演技されているのがわかります。器用な方ですね。

最終回で、改めていいなと思ったのは大島優子。三人の中でずばぬけて落ち着いた雰囲気(悪い表現でいうと、老けて見えた)を出していました。

丸尾(田中圭)に「ありがとう」とさよならを告げるシーンはよかったです。

田中圭の最後までちょっとあほっぽい感じも原作に通じるものがあってGOODだったし。

田中さん、今後もだらしない頼りない男の役はコンスタンスにやりそうです。需要がありそうだし。田中さんの得意技ですしね。

得意技、はまり役があるって役者にとってはいいですよね。ないと命とりになるかもしれないし。

妊娠を発表した榮倉奈々は、改めてみるとほんとにゆったりとした衣装ばかり着てましたね。

体調大丈夫なんでしょうか。連ドラも終わったのでゆっくり出産をがんばってください。

少子化を防ぐためにも(そんなことのために産むわけではないでしょうが。こーゆーこと、言う人多いんだろうな。反省)。

とゆーことで、最終回のあらすじ。

早坂との約束をすっとばし、酔いつぶれたKEYの介抱をした倫子。KEYのことが気になりますが、早坂と幸せになることを選択。

早坂と同棲するための部屋を探しだします。

しかし、ひょんなことから、KEYと倫子が一夜を共にしたことが早坂にばれてしまいます。

早坂と倫子はこのことから目をそらし、二人で幸せになろうとしますが、早坂がギブアップ。

KEYへの気持ちにフタをして倫子が自分と一緒に居る状況に耐えられなくなり、二人は別れを選択します。

一方、香(榮倉奈々)のもとに元彼(平岡祐太)がやってきて、本命の彼女と別れたからと言い、復縁を迫ります。

迷いはあるものの香はこれを承諾します。

また、小雪(大島優子)は街でばったり丸尾(田中圭)と会い、すっかり父親の顔になっている丸尾に「ありがとう」と別れを告げます。

早坂と別れた倫子はまみちゃん(石川恋)の結婚式で久しぶりにKEYと会います。

KEYに「好きだ」と告げる倫子。KEYもこれに「俺も」と答えます。

う~ん、文章にしてみるとほんとにラストはべったべたですね。

でも、「さむっ」と鳥肌がたつこともなく見ていられました。吉高由里子と坂口健太郎の演技力かな。

自然でしたね。いい感じにいちゃいちゃしてたし。ちょどよいさじ加減でした。

KEYが人(相手が好きな人でも)との距離を常にある程度とっているキャラで、それを坂口健太郎がうまく演じていたので、ベッタベタのシーンでも甘ったるくなりすぎなかったのでしょう。

終わってみると、全体を通じて平均的におもしろかったタラレバ娘。

原作とはうってかわってライトな感じであったことは否めませんが、(原作とは)別のものだと思えば十分に満足できる内容でした。