いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

マツコの夜の巷を徘徊する こんなマツコ見たことない! 池袋のごみ処理場でビビりまくるマツコ

2017/2/24の深夜に放送されたマツコの夜の巷を徘徊する。

ちょっと遅れてウォッチしてます。今回は大都会、池袋にあるごみ処理場見学の第二回。

ここで意外なマツコの姿が見れます。

まずはごみ処理場の見学の続き。ごみバンカ(ごみをためているところ)からクレーンがごみをつかみ(UFOキャッチャーのよう)焼却炉にごみを投入します。

自動でやっているのかと思ったら、人力なんですね。クレーンを操作する人が焼却炉の状況を見ながら、ごみを投入していました。

やってることは大きなUFOキャッチャーの操作です。設備はでかいが、やってることは結構地味。

といったら失礼かもしれませんが、モニターを見ながらクレーンを操作する様子は何かの工事現場のようでした。

マツコ「UFOキャッチャー得意?」

クレーンを操作するおにーさん「得意です」

そうなんですね。仕事が活かせる場があってよかったです。

さて、次に向かったのは池袋西武の屋上からも見えた巨大煙突の中。

煙突の中に煙道が走っていました。あの中をダイレクトに煙が舞っているわけではないんですね。みんなから煙突として見えるものの中にさらに煙突(煙道)があるというつくりになっていました。

高く高く伸びているのは、できるだけ高いところから排煙を出し、地上(人が生活する範囲)の空気を汚さないためだそうです(でも、吐き出すものも、すでに相当クリーンだそう)。

さて、見どころはこの煙突の中のマツコでした。

166メートルの高さまで登り、窓から夜景を見るといった今週の目玉があったのですが、166メートルの高さにエレベーターで登ったところでマツコの足が止まります。

というのも、足元が金網だったから。自分の体重に堪えられるか(造り的には大丈夫らしいのですが)不安を覚えたマツコは窓際まで行くことができません。

スカートの中に風が・・・

〇ンコが・・・

玉が縮み上がる・・・もともと埋もれてるのに・・・

騒ぎまくり、そのあとは申し訳ないを連発していたマツコ。結局は窓際には寄れず、スタッフがカメラで煙突の窓から見える夜景を撮影して終了。

下に降りてもマツコは動揺していて、「申し訳ない」を連発。こんなマツコ見たことないですね。いい人です。

ちょっとできなかったことにうちのめされるのは、プロ意識が高いんでしょうね。

仕事なのにできなかった。こういった思いは誰しも経験があるものです。がんばって、マツコ。

最後はゴミを燃やした熱を利用して温水プールなどを運営している隣の施設へ。

温水プールの監視員のおにーさんを呼び出し、「何でもいいから今思ってることを言え」と促すと、ミズシマさんはこう言いました。

「ガッコの再試(験)がないように願ってます」

マツコ「そっか。うん、もどれ」

プール監視員のミズシマさん(素人)、大学生なのかな。おもしろかったですね。ずっときょとんとしてました。いい人そうでした。

そして、ここでも最後の最後にマツコは苦しむことになります。

スポーツセンターの屋上から隣の巨大煙突を見ようということになり、屋上へ。しかし、なんとここも足元は金網でした。

高所恐怖症ではないものの、足元の安全性に難があると足が進まないマツコ。ここでも、きれいに夜景が見れるポイントまでは進むことができずに、Uターン。

足元の金網に苦しませられ続けた今週のマツコ。

今後のロケではこの点を考慮してあげたほうがいいと思います。

それにしても、池袋のど真ん中(?)であんなに大きなごみ処理場があるんですね。空気も汚さずきちんと運営している。

建物とか設備の進化とか技術ってすごいなと思わされた回でした。