いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

マツコ&有吉の怒り新党 マツコ、大興奮! 44歳にして初のアプリDLなるか

マツコと有吉、大興奮でしたね。

「未来が来た!」と。たしかにすごいアプリです、Googleの翻訳アプリ。

あんなふうに変換されるんですね。英文を映すと和文に。ちょっとびっくりです。

話には聞いていたが、あんなふうになるとは。NIKONがニコンになっていたのは、ちょっと違うんじゃないか? とも思いましたが。

さて、今週の怒り新党、お悩みの内容は粒ぞろいでした。

一番おもしろかったのは、ご祝儀にお金が入ってなかった、どうしよう、というもの。

なかなか言えませんよね、入ってなかったよ~って。よっぽど仲が良かったら突っ込めますが、普通はちょっと突っ込めない内容です。

マツコと有吉が話してましたね。「たぶんわかってて入れてないと思う」って。

同意です。わかってていれてないと思います。

こう思うとますます突っ込めないですよね。でも、ありがとうって返すのも嫌味になるのかな~と悩んでしまいます。

腫れ物にさわるような展開に。実際に起きたら嫌ですね。

あとおもしろかったのは、祈祷のときに名前を間違えられたというもの。

ぎょっとしますよね。ご利益あるのかなって? 投稿者の心配もうなずけます。

でも、神社ではありがちなことのようで、神社アンケートの結果は一社をのぞいて、「祈祷のときに名前を間違えてもご利益に問題はない」とのことでした。

まあ、そもそも祈祷がそんなに効くかどうかのほうが問題な気がします。

「気の持ちよう」

マツコ&有吉のこの意見の通りだと思います。この二人、大半の回答はすごくまっとうなんですよね。

二次会に行く? 行かない? のだらだら時間が嫌いというメールに対しては、「あれが楽しいんじゃない」(マツコ)との回答。

そ~かな~。あのだらだら、結構苦痛ですよね、会社とかだと。

友達同士だとまた違うんですが。

有吉&マツコの共通の友人、島崎和歌子の話が出てましたね。

朝の六時(七時だったかな)から二次会に行きたがる。九時に新幹線に乗るのに、八時まで飲んでる。

閉まってる飲み屋に電話をかけて、開けさせる・・・

すごいですね。怪獣です。

でも、島崎和歌子って一緒に飲んだら楽しそうですね。

ずっと大声で笑ってそうなので、いや~な飲み会にはならなさそうです。まあ、実際は大変でしょうが(長い時間のみ続ける人って結構厄介です)。

他にも、チェーン店でやきそばを頼んだらカレー味のやきそばで、想定と違っててがっかりしたというメールも。

これ、ちょっとわかります。

外で安くすませようとすると、やたらカレー味のものが目につきます。味付けが簡単(=低コスト)なんですよね。

カレー嫌いじゃないし、安いほうがいいやって思うときは、ぜんぜん気になりませんが、想定外でも。

今の消費者は「安かろう、悪かろう」も受け入れないし、といっても高いものはもっと受け入れないし、企業側も大変でしょう。

でも、仕方ないんですよね。

ケチじゃないんです。お金がないんです。苦しい人が多い(私もそう)。

デフレ脱出だ~とか政府は言ってますが、「格差が広がるだけじゃん」「やめてくれ~」って思ってしまう。

「今の私たちだったら(ご祝儀袋にお金が入ってなくても)入れなかったとは思われない」と言っていたマツコがちょっと(いや、かなり)うらやましかったです。