いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

就活家族 前田敦子が彼氏、渡辺大を新居につれこんで大騒ぎ

前田敦子、やっぱりこのドラマではコミカル担当ですね。

今回もそれがいい感じでした。相変わらず周囲からは浮いてますが。

三浦友和や黒木瞳、木村多江なんかと比べると、やっぱり軽いんですよね、あっちゃんは。

小説の中にまじったライトノベルみたいな感じで一人ポップな演技がときに悪目立ちし、ときに明るく救いとなりといった感じで、前田敦子が毎週妙に気になります。

そんなあっちゃん、新居に彼氏、渡辺大を連れ込んでいちゃいちゃしてたところを父、友和に怒られて大騒ぎ。

下着姿の胸を隠しながら「もう子供じゃないんだから!」うんぬん叫ぶ姿は、なんだか笑いを誘いました。

渡辺大もパンツ姿で頑張ってたし。下着姿の若い俳優二人と対峙する友和も大変です。

さて、そんな就活家族ですが、友和が無職であることがばれ、いろいろありつつもそれを妻、黒木瞳も受け入れ、物語が落ち着いてくるかと思いきや、今週は木村多江が大暴れ。

友和との関係をにおわし、友和と瞳の中を壊そうとします。

このドラマでの木村多江はいつも以上にゆっくり弱弱しそうにしゃべり、見てるほうがイラつくぐらいです。

でも、狙った獲物(友和)を逃さない執着心は強固で、誰よりも根性がある感じ。

こーゆー人、男女問わず居ますよね。大人しそうなのに、実はしつこくて粘着質。

しかも意外と体力も脳力もあって、いろんな問題を片づけちゃったりするもんだから手におえないんです。

木村多江、嫌な役に見事にはまってます。でも、あまりこの役のイメージがつくとよくないですね。

老若男女問わず嫌われるキャラなんで。

で、今週のあらすじはこんな感じでした。

友和が無職を隠していたことに激怒した妻、黒木瞳は家事を放棄し、友人と豪華温泉旅行へ。

気分転換し、再就職活動へと踏み出します。

しかし、散々な結果に。黒木さんは「あなたもこんなふうに大変だったの?」と夫、友和に理解を示すようになり、夫婦仲はとりあえず修復します。

夫、友和は就職をあきらめ、個人の経営コンサルタントとしてやっていこうと決意。

妻の黒木さんはこれを承服せず、「就職して」と急き立てますが、次第に夫に理解を示すようになり、ある程度の期間で結果が出れば認めると言うように。

また、再就職の壁にぶち当たる娘、前田敦子は再就職活動はさんざんですが、先に転職した彼氏、渡辺大との関係は上々。

新居でいちゃついているところを父、友和に見つかり、逆鱗に触れます。

そんななか、息子、工藤阿須加が通う悪徳就活塾の塾長が再び友和の前に現われます。

自分の新規事業のために友和に議員を紹介してほしいという塾長、新井浩文は「従わなければ会社を辞めることになった原因を家族にばらす」と友和を屈服させます。

また、友和は家族の平穏のために木村多江との縁を切ろうとしますが、これを不満に感じた木村さんは家族に友和の離職原因をバラします。

「まだ秘密があったのか」と激怒する妻、黒木瞳。

やっと落ち着いたと思ったのに、さらに一難で夫、友和は途方に暮れます。

そんな感じで終わった今週。

来週は一端はくっついた家族がまたバラバラになりそうです。

なかなか安定しない家族です。ちょっとトラブルに弱すぎ。打たれ弱すぎですね。

今の時代、どんな家庭でも何らかの問題を抱えているもんなのに、この家族はもともとが平和すぎた感じがします。

うまくいきすぎてたんですよね。父親は大手の企業のエリートだし。

しかし崩れると早いもんです。このあたりは現代のリアル感を反映してて見どころがあります。

今週いちばんの名言はホストのセリフでしたね。

「人から金を巻き上げない仕事なんてあるのか」

そういった趣旨のセリフを吐いてました。

ほんとにそうかもしれません。きれいごとだけでは渡っていけない世の中。

かといって誰かをおとしめたり、だましたりしてもいけない。

心穏やかに暮らすには、ある程度の成功や安定を手に入れるしかないのかもしれません。