いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

突然ですが、明日結婚します 俄然おもしろくなってきたのに、先週の出来の悪さがたたって最低視聴率を更新!

今週、おもしろかったです。録画放棄しなくてよかった。

脚本家、変わった? って感じがしました。この作品、二人の脚本家が関わってるんですよね。

どちらかの書くものに難があるのでは? そう思ってしまいます。もしくはうまく連携がとれてないか。

いずれにしても、今週は結構テンポがよくて、楽しめました。

高岡早紀や山崎育三郎の使い方もGOOD!

高岡早紀はやっぱり離婚でシクシクしてる姿なんて似合いません。

「やってるで~」とばかりに前に出て、女同士で火花を散らさないと。

女は競ってこそ華、負けて堕ちれば泥となる・・・五社英雄の世界ですよ。

それぐらい、今の世ではハイスペックの男を手に入れるのは難しいことなんです。

椿鬼奴の桃井かおりのモノマネも出てましたね、一瞬でしたが。

ちょっとでもいいから、週に一回はあれをいれてほしいです。

見飽きた感もある奴さんのかおりのモノマネですが、週に一回ならぜんぜん箸が進みます。

フランプール山村さんのライバル、山崎育三郎さんも出番を増やしてきて、いい感じです。

山崎さん、さすがにミュージカルで鍛えてるだけあって、いいお声です。

品、知性、落ち着き、大人っぽさ、すべてにおいて山村さんを凌駕しているので(山村さんファンには悪いですけど、そう見える)、どうしてこっちを選ばないかな、まりやは? と首をかしげたくなってくる。

やってることは育三郎のほうが悪質ですが、それに絡んでいく山村さんが変にガラが悪いし(しかも、いきがって見える)、喧嘩も弱そうだし(姿勢が悪く、腰がひけている)、なんかとっても得点低めになってしまっています。

残念。

プロの演者ともろに比較されることになり、山村さんにとってはアンラッキーなお仕事だとは思います。

このドラマ、何が悲しいかって、メインの二人より周囲の大人たちのほうが輝いて見えるんですよね。

山村さんより育三郎(もしくはまりやの弟。あと山崎哲太とかも結構しぶいです)、まりやより高岡早紀(もしくは中村アン)のほうが付き合ったら俄然おもしろそうって思ってしまう。

主役の二人の小粒感が目立ちます(悪くはないんだけど、なんだろ~、いまいちに見える)。

西内まりやとフランプール山村のいちゃいちゃより、中村アンと小野さん(これは役名)のいちゃいちゃのほうが正直ときめきました。

リアルだしね。あっちのほうがず~っと地に足のついたリアル。

リアルじゃなきゃだめってことはないんです。

笑っちゃうぐらいのいちゃいちゃだったらいいんですけど、笑えない、リアルでもないとなると、テレビでやるほどか? と思ってしまう。

中途半端なんですよね。

いっそ、あの弟が「やっぱり姉ちゃんを誰にも渡したくねえ」とか言ってまりやをがっと抱きしめたりしたら、爆笑&胸キュンキュンです。

それぐらい極端なものがあってもいいんじゃない? 

だって、彼氏がイケメンアナウンサーとかって、そもそもが結構な夢物語なんだし。

それにしても、小野さん、ちょいちょい半裸になってましたね。どこにニーズが?

あのモチ肌に癒される女子もいるとは思いますが(清潔感はあった)、リピートするほどのものではない。

中村アンはスカした感じより、男といちゃいちゃしたり、男のことをしゃべったりするほうが輝きますね。

普通の女子がきちんと演じられる人なんだと思います。これって結構重要だと思う。

とゆーことで、今週のあらすじです。

山崎育三郎にキスされた西内まりやは、それをフランプール山村さん見られているとは気づかず、冷静に対処。

「あなたと付き合う気はない」ときっぱり育三郎を突き放します。

そんな西内さんに対し縄張り意識が芽生えた山村さん。二人の関係は密になっていきます。

それを面白く思っていないのが、離婚寸前の高岡早紀と育三郎。

一方、中村アンと小野さん(ここだけ役名)は付き合うことになり、中村アンの家での同棲生活に突入(山村さんは部屋に残り、独り暮らしに)。

ある日、山村さんは仕事で会った育三郎に「邪魔するな」と詰め寄ります。

育三郎はこれにうなずくものの、西内さんをあきらめてはいません。

山村さんが西内さんの家に呼ばれた夜、なんと育三郎も西内さんの家に。

西内さんの父親が客としてタクシーに乗ってきた育三郎が娘の職場の人間だということに気づき、連れて帰ってきてしまったのです。

西内さんは二人の前で、「結婚がなくても、山村さんと居たい」と言い切ります。

山村さんはそんな西内さんに自分の家族の事情を話し、結婚はどうしても無理だと再度通告しますが、西内さんは山村さんを好きだという気持ちを曲げません。

そんな西内さんに刺激され、山村さんは「一緒に暮らさないか」と言います。

浮かれる西内さん。

後日、山村さんに電話をかけると、高岡早紀が出て、「お酒でも一緒に飲まない?」と誘われます。つづく・・・

それにしても高岡早紀はきれいでしたね。余裕があるし。好戦的な感じも素敵。

なぜか敵役の二人(高岡さんと育三郎)のほうが余裕しゃくしゃくという謎の展開になってますが、来週はどうなるんでしょう。

今週は結構強固にくっついた二人。

さっそくぐらつきそうですが、そのぐらつき方をしっかり見ていきたいと思います。