いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

Austin Mahone「Dirty Work」 ブルゾンちえみがキャリアウーマンのネタで使用している曲をyoutubeで視聴

OfficialのMVがyoutubeでアップされているので視聴してみました。

同様にブルゾン絡みで見に来ている人もいるようです(コメント欄を見てみると)。

右側に表示されるおすすめ動画にもしっかりブルゾンちえみ関係の動画が表示されています。

一気にブームになりましたね。おもしろ荘以降、日テレが強烈にプッシュしたもんな~。

MV自体は・・・なんておしゃれな!

そんな感じ。

ツーブロックのかっこいい兄ちゃんが歌いながらちょこちょこ踊る感じです。

舞台はオフィス。いろんな人種の混じったオフィスで、お兄さんが歌いながら机の間を闊歩し、こじゃれたダンスを披露。

お兄さんといちゃつく外人女性は派手めな顔のセクシーな美人でブルゾンとはちょっと遠い感じ・・・

皮肉にも男三人で並んで踊るシーンもちょこちょこあり、否が応でもブルゾンのネタを想起させます。

並びまで似てるんですよね。メインが一歩前に出てて、後ろの二人が両側で踊るポジショニング。

後ろのお兄さんたちはwith Bよりブルゾンちえみの好みっぽいです。(ブルゾンの理想はウィルスミス)

このメインで歌いながら踊っている方がAustinですかね?

MV用のモデルさんでなければそうでしょうね。日本人が好きな外人の顔だと思います。

それほど濃くなく、さわやかさがあるので。

しかし、この曲をいじりにいじったブルゾン、さすがです。センスいい。

どうしてこの曲にしたんだろ? という疑問はありますが。

ブルゾンのネタを知ってるみんながそうだと思うんですが、キメの部分の「Dirty Work」の部分についつい「35億」とか「キャリア」をあてはめてしまうんですよね。

聞きなれてくると、「まいてごらん」とか「ウーマン」とか他にもいろんな言葉が頭に浮かびます。

Austinには悪いけど、ブルゾンのネタをあてはめる部分を探してしまうんですよね。

スタイリッシュな曲なのに、つねにブルゾンの映像や声が混じってしまうというまさかの展開。

こんなことAustinは想像もしてなかったでしょうね。

でも、ブルゾンが使用したおかげで、日本でのチャートのランクがあがり、Austinからブルゾンに感謝の言葉がTwitter経由であったそうです。

いい話。

しかし、Austinはブルゾンのネタを見たんでしょうか。

ウケてたらいいですね。ネタ的に外人が見て笑いそうな感じでもないですけど。

曲自体もPOPでキャッチーなので日本人好み。ここまで予想してブルゾンが使用したとは思いませんが、思わぬ日本でのヒットをAustinや関係者が喜んでいることだけは確かなようです。