いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

行列のできる法律相談所 ブルゾンちえみ、ネパール人三連発! 「待ってたら、来たの」

ブルゾンちえみ、出まくりです。

でも好きなのでうれしい。ウォッチしてしまいます。ブルゾン、トークもおもしろいんですよね。

行列より前に出てたアメトーークのプレゼン「外国にかぶれてます芸人」も面白かったです。

ネパール人の夜の営みについて「冷たい台にのせたがる」ということで盛り上がってました。

行列ではそのあたりのネパール人との付き合いについても、いろいろ話してました。

そんなブルゾン、歌手を目指して上京したものの、君は歌手ではなく芸人のほうが向いてるといわれ、あっさり方向転換。

芸人を目指すことに。しかし、ネタなど作ったこともなく、激しくダメ出しされる日々。

心折れたブルゾンはネタ作りをやめ、ぶらぶらしていたときにマネージャーとばったり遭遇。

説教され、心を入れ替えたブルゾンは気分転換にニューヨークに飛び、刺激をうけ、好きなことをやろうとあのキャリアウーマンのネタを作ったそうです。

で、今、大ブレイク。良かったですね。

ブルゾン、芸歴も短いし、ネタも知的で器用さを感じさせるものだったので、すごく順調にここまで来たのかと思ったら、結構挫折とかしてたんですね。

といっても結果的に芸歴二年目(だったかな?)でこの位置まできてるのは順調といえばすごく順調ですが。

そんなブルゾン、ウィルスミスと付き合いたいそうで、これまで付き合った男性はネパール人ばかり。

バイト先で出会ったネパール人三人と連続で付き合い、最後の三人目のネパール人とは二年ほど同棲してたそう。

すごい経験です。芸人になるべくしてなった女、そんな感じ。

ちなみにネパール人三人は友達で、揉めたのかどうかははっきり言いませんでしたが、「お祭り騒ぎになった」そう。

ブルゾン「荒らさせていただきました」

深堀したらおもしろい話が出てきそうですね。どうしてネパール人なのかと問われ、「待ってたら、来たの」とネタ風に答えていたブルゾン。

外人受けする容姿のようです。

ブルゾン「みんな絶対に自分に合う国があるから」

そうなのかな(笑)。でも、ブルゾン、ほんとにおもしろいですね。

ネタだけでなく、トークもおもしろいです。新人でテレビに出始めたばかりなのに、すごい。

そんなブルゾンがあんな個性的なメークをするようになった理由は、激太りしてメイクを工夫しようと研究した結果らしい。

ミラジョボビッチを見て、あんなふうになりたいと思ったそうです。

ミラというより、三代目JSBの小林直己ですが。

まあ、いいでしょう。どちらにしても有名人です。

他の出演者では片岡安祐美やピースの綾部のエピソードが印象的でした。

片岡安祐美と元プロ野球選手で今はラーメン店経営のイケメン彼氏の出会い方が少女漫画みたいで衝撃的でした。

飲み屋で出会い、片岡さんが彼氏のズボンにクリーニングのタグが付いてるのを教えてあげたのがきっかけで意気投合したそう。

そんなことあるんですね、実際に。

「野球」という共通項があるから交際まで進んだのでしょうが、それにしてもきっかけがすごい。何が起こるかわかりません。

そんな片岡さん、ブルゾンの占いでは「子供はばかすか産んで大丈夫」だそう。

スポーツマン同士だからきっと健康で運動神経の良いお子さんに恵まれるんでしょうね。頑張ってください。

ピースの綾部はニューヨークでストリートパフォーマンスに誘われて参加し、そこで喝采を浴びたときに渡米を決意したそう。

そんな綾部、語学をマスターする前にまずはO脚を矯正しようとしてるらしい。わけわからないですね。

アナウンサーの徳島さんはこんなのが彼氏だったら、「殴って止める」そうです。そうですよね。常識的。

でも、ブルゾンの占いでは、綾部は成功するからニューヨークに行ったほうがいいということでした。さて、結果はいかに。

番組では、選択的シングルマザーの一般人の二人が紹介されてましたね。

女医さんと保険の営業のお二人(二人とも経済力が強そう)。

女医さんは付き合っている外国人の方に妊娠を告げたら「結婚するつもりはない」と言われ、シングルマザーに。

でも、産んでみるとかわいくて二人目もほしくなり、同じ外国人の方に協力してもらうそうです。

ちなみに、その外国人の彼とはもう恋仲ではないそうです。不思議な関係ですね。

もう一人の営業ウーマンの方は、「男の人の世話をしたくない」という理由で妊娠後、シングルマザーを選択したそう。

相手の男の人もその思いを尊重し、今では三人(娘さんと)で会ったりもしているそうです。

いろいろな家族(?)の形がありますね。いいなと思いました。

昔ながらの家庭の形で暮らしていてもうまくいってない夫婦や親子はごまんといるわけです。

でも、この方たちは(かなり)少数派の選択的シングルマザーですが、二人とも幸せそうで、子供の父親たちともいい形でつながってます。

子供もきっと大人になればこの形を理解できると思うし(子供のころはちょっと苦しいかも。理解できないで)、いろんな形の親子が増えていってもいいのでは? と思いました。

形より中身ですよね。でも、母親にかなりの経済力が必要になってきますが。

真面目な話から不真面目な話までカバーしているバランスのよい行列のできる法律相談所でした。