いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

怒り新党 マツコをときどき本気で怒らせるテレ朝の青木アナが超おもしろい

俳優さんがひいてもないピアノ(ひけもしないピアノ)演奏をしてるシーンに腹が立つといったお便りからはじまった今回。

この件は「そんなこと言ったら、綾瀬はるかがモテないOLとかやってんだから・・」ということで、俳優さんが演じてることに関しては仕方ないじゃないということで軽くまとりまり、次のお題へ。

次のおたよりは、布団をかぶる順番。これは興味深い。スタジオも盛り上がったし。

アンケートの結果大多数の人は、敷布団、自分、毛布、掛け布団でした。お便りをくれた人も有吉もこの順番。

でも、正しくは敷布団、自分、掛け布団、毛布と言われている。

これ、聞いたことあります。お便りの人と同じく、驚きました。

次に多かったのは、正しいといわれている敷布団、自分、掛け布団、毛布。このタイプの割合も結構いました。

少数派は、敷布団、毛布、自分、掛け布団。マツコはこのタイプだそうです。変わってますね。アンケート結果でも少数派でした。

そもそもこーゆー挟まれ方をして寝る方がいるんですね。おもしろい。

布団メーカーさんの話だと、毛布を二三枚使って、サンドイッチするのが一番温かいそう。でしょうね。

毛布を掛け布団の上にするかどうかは、毛布の質によるらしいです。いい毛布だと、自分の上にして、悪い毛布(安い毛布)だと掛け布団の上にするといいらしい。

そっか、じゃあウチの場合、ほんとは掛け布団の上にするべきなんだな。

でも、いやです。毛布の感覚が気持ちよいので、順番は変えません(有吉と同意見)。

この話題のときにおもしろかったのが、青木アナのマツコへの絡みかた。

「マツコさん、寒かったりするんですか?」でマツコに「なんだこのやろ~」と言わせます。

そして、マツコを怒らせたうえに、さらに「いつも暖かそう・・・」とたたみかけ、マツコに「あんた、すごい女ね」と言わせ、絶句させます。

マツコがけっこう本気で色をなすのを見れるのはこの番組だけかも。

いつもはもっと余裕をもった怒り方をする方ですが、青木アナに対しては、ちょくちょくマジギレしています。

仲は悪くないみたいですが。

ほんとに険悪なら、青木アナもあんなに思い切ったことは言えまい。

それにしても、青木アナには頭と度胸の良さを感じます。前の夏目ちゃんもよかったですが、青木アナのがおもしろいかな。

青木アナ、天然ではなく、ときどき思い切ったことをマツコに言うのは計算だと思います。

頭のいい人なので、避けようと思ったら人を怒らせるような言動はいくらでも避けられる人です。

番組のことをかんがえたり、自分がこの番組で居る意味を作るためにやってるんだと思います。

スタッフの指示は多少あるかもしれませんが。

青木アナ、帰国子女で京大卒のエリートですが、嫌味な感じはしません。冷たい感じもしないし。

テレ朝には目立つ人気女子アナは居ませんが(居ましたっけ?)、青木アナがそうなればおもしろいなと密かに期待しています。

でも、万人が好きってタイプの人ではないんですよね、残念ながら。

マツコをわなわなさせることのできる数少ない女子アナとして、今後もがんばっていってほしいです。