いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

東京タラレバ娘 大島優子と田中圭のいちゃいちゃがはじまるが、思ったよりも面白くなく、早くも中だるみ

三回目、いまいちでしたね。

漫画との乖離部分も増えてきたし。オリジナルでもいいんですが・・・おもしろければね。

なんか早くも中だるみみたいな雰囲気になってきました。

視聴率的にもやばいんじゃないかと思っていたら、前回より微増らしい。なぜ?

分析するに、たぶん大島優子と田中圭の恋愛のパートがはじまったからでしょうね。

榮倉奈々の恋愛シーンより、大島さんの恋愛シーンのほうがまだおもしろかった。

こーゆーことでないかと思います。

初回から書いてますが、このドラマでの榮倉奈々がいまいちなんです。

ず~っとふがいないかんじ。

坂口健太郎に絡むシーンはいいんだけど、それ以外はどうもよくない。役にはまってないみたいですね。

これは仕方がない。はまる役、はまらない役、それはあるでしょう。

で、榮倉さんは諦めるとして、じゃあ負荷がかかってくるのは大島優子です。

大島さん、居酒屋の娘は結構はまっているし、そんなに悪くない感じ。

しかし、田中圭との恋愛のシーンはいまいちです。

これは大島さんの演技力ばかりではなく、演出にも問題あるのでは?

ラストの部分がそうでしたが、みんなの心理描写をするシーンがあるんですが、あれがどうもいまいちなんですよね。

漫画だとぐっとくるところなんですが、ドラマだと「へ~」って感じになってしまっている。

難しいとは思うんですが、あーゆー繊細なシーンがダメだと、このドラマは成功しないと思います。

先週の榮倉奈々と平岡祐太のシーンも残念な感じでいまいちだったしな。

女子が一番期待しているところで、いまいちってゆーのはどうなんでしょう。

でも数字がそれほど崩れなかったというのは、ある程度の支持があるんでしょうね。

感じ方は人それぞれなので、支持する人もいて当然だと思います。

原作だと、三人とも「これが最後の恋!」って感じで必死に恋愛してるんですが、このドラマだと三人とも「最後から二番目とか三番目の恋」をしてるみたいな感じで、なんかちんたらちんたら余裕があるってゆーか、楽しそうなんですよね。

それがちょっと不満です。

で、三回目のあらすじですが、わけもわからずKEY(坂口健太郎)と関係を持ってしまった倫子(吉高由里子)。

朝になると坂口さんはおらず、混乱し、榮倉さんと大島さんに坂口さんとのことをしゃべって(LINEね)しまいます。

後日、偶然に坂口さんと会う吉高さんですが、「どうしてわたしと寝たの?」とは聞きたくても聞けず、もやもやします。

心配した二人(榮倉さんと大島さん)は大島さんの店に来た坂口さんに「どーゆーつもりで倫子(吉高さん)と寝たの?」と詰め寄りますが、坂口さんは何も答えません。

坂口さんが店にいると呼び出された吉高さんですが、店に着くと坂口さんはもう帰ってしまっています。

夜の街を走り坂口さんを探す吉高さん。

ついに坂口さんを見つけ出しますが、「どうせ、俺と寝たことをべらべらみんなにしゃべったんだろ」と言われ、「あんたみたいな女と恋愛できない」と突き放されます。

倫子(吉高さん)は深く傷つき、茫然と坂口さんを見送ります。

一方、買い出し中に荷物を落としばらまいた大島さんは、それをひろってくれた(なんちゅう出会い方)サラリーマン、田中圭と出会い、いい雰囲気に。

二人で飲みに行き、田中さんにくどかれます。しかし、田中さんは自分は結婚している、それでもいいかとも言ってきます。

一瞬迷う大島さんですが、田中さんの正直さに押される感じでOKをしてしまいます。

こんな感じで恋愛ドラマっぽくはなってきましたが、なんかありがちってゆーか、退屈な展開でした。

漫画だと盛り上がったんだけどな。どうしてだろ?

原作が知られてるってやっぱりハードルがかなりあがりますね。

それにも負けず、今後どんどん盛り上がっていくことに期待です。