いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

ガッキー主演の「逃げ恥」が大・大好調! ドラマの中のセリフも話題になるほど

仕事の半分は仕方ない、あとの半分は帰りたい・・・うまいこと言いますね。でも、そんなに名言?

ネットでは話題になっているようですが。

それよりも、そんなに韻は踏んでいませんが(?)、(仕事を)がんばっても割に合わないと言う石田ゆり子さんに古田さんが言った、「そんなこと言ったら何もできない」のセリフのほうが真理だなと思いました。

そうですよね、割りに合わないなんて言い始めたら、何もできませんよね。特に仕事は。

割りに合うか合わないか(その後花開くか)なんかは、博打みたいなところもありますし、評価がつくかつかないか、出世できるかできないかも運が絡んできますしね。

石田さん演じるガッキーの叔母は、一番そーゆーことを考える年齢だと思います。

周囲は結婚してたり、子育てしてたり、わかりやすい幸せを手にいれたりしてるので、「仕事」みたいな形があるようなないようなもの、風邪をひいても看病してくれないし優しい言葉さえもかけてくれないもの(年をとるとこーゆーものを求めるんですよ)に打ち込んでいる自分に対して「大丈夫か? 私?」と思ってしまうのです。

そんなゆり子さんをサポートする古田さん。

酸いも甘いも噛み分け、かつそんなに幸せそうでもない(でも不幸でもない)古田さんの存在はドラマの中で最もリアルな存在なのかもしれません。