いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート

コンフィデンスマンJP 前田敦子や竜雷太がゲストの回がおもしろかった

コンフィデンスマンJP、毎週おもしろいです。毎週たのしみ。

さすが古沢大先生(脚本)です。

今週はゲストに竜雷太(死にそうな大金持ち)や前田敦子(長澤まさみの詐欺のサポートをする。長澤まさみの子猫ちゃん)が出てました。

前田敦子、思った以上にチョイ役。でも、AKB卒業後もなんだかんだと言われながらテレビや映画に出続けていて偉いです。ふんばっている。

今週は、大人数を投入した大がかりな詐欺ではなく、長澤まさみと東出昌大の二人がターゲット(竜雷太)に近づき、人間関係を構築し(長澤まさみが竜雷太の娘を装う)お金をだまし取る(竜雷太はわかっててだまされていた)という、スタンダート(?)な詐欺でした。

ドラマで詐欺っていったらこんな感じだよねといった内容でした。家族の情にからめるのも定番といえば定番。

平凡といえば、平凡かもしれない。でも、涙も笑いもあってとてもおもしろかったです。

個人的にはこれまでのなかで今回が一番おもしろかった。

長澤まさみがいいんですよね。コントっぽくなりすぎずにナチュラルで。ちゃんと涙もさそえる。

今週見ててすごいなと思ったのは、ラストの回想のシーン。チョイスされているセリフが良かったです。選択が素晴らしい。

「お父さん、野菜食べなさいって」とか、「家族ごっこなんてあほらしくて・・・」とか「家族いたことないからわかるわけないじゃん」とか、これまでの内容をうまく表現し、かつジーンとくるようなものをちゃんとピックアップできてた。

回想シーンってうまくいけば涙も誘えるけど、シーンとかセリフの選定を間違えるとすべりまくるので要注意です。

さて、コンフィデンスマンJPを振り返ると、なんか初回がいちばんしょぼかったですね。

個人的にランキングすると、

竜雷太の回、吉瀬美智子の回(2回)、石黒賢の回(3回)、佐野史郎の回、ウッチャンの回、江口洋介の回(初回)ってな感じになります。

初回でフラッシュモブのような詐欺を見て、新鮮だなとは思いましたが、これだったらなんでもありじゃんって思った。

でも、ずーっとこれをやるわけじゃないな、きっと、と思って二回目も見たのですが、そうは思わず初回で視聴をストップした人が多かったようです。

それで二回目の視聴率が失速。

しかし三回目ですぐに挽回します。これって二回目(リゾート会社の女社長を扱った回)がおもしろかったからですよね。

ほんとに二回目はおもしろかったです。吉瀬美智子の嫌味な女社長も良かったし、セクハラされたトラウマがあると言って下ネタを口にしながら泣く長澤まさみも笑えた。

三回目もそのままの勢いでおもしろく(ラストに石黒賢がこどもに話しかけるシーンはぐっときた)、数字(視聴率)は安定。

内容の充実度も高いまま進んできてるんですが、個人的には今回、金持ち竜雷太をだます回が一番おもしろかったです。

娘と嘘をついて家に入りこむ長澤まさみを竜雷太は偽物とわかっててもかわいがります。

そして、最後は自分のほんとの家族と思い、死んでいきます。

絵にかいたようないいお話、というかお涙頂戴ものかもしれませんが(見てて泣いちゃった)、上手にツボをおさえて作られていたので、はまっちゃいました。

ちょっとした詐欺(竜雷太の金を狙う同業者をはねのける)のトリックもおもしろかったしね。

毎回毎回、詐欺についてもちゃんと練られていてすごいなーと思う(伏線もばっちり拾うし)。

あと、目新しいなと思うのは、一話完結のドラマって、ほとんどの場合、一話完結のストーリーと、全話に通じるような謎をもたせるものなんですが(主人公の出自についてとか)、このドラマは全くそれがありません。

完全に一話完結。

これって結構思い切ったやり方だと思います。

ドラマは終盤に入りますが、この調子で見応えがあると思うので、必ずチェックしていきます。


↓↓百万枚を突破したそうです


松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

ラブリラン 大谷亮平に抱かれた中村アンが古川雄輝を振っていたという無理矢理な展開になってきた

中村アンのブラのCM見ました?

中村アンってものすごいいいBODYをしてますね。ただ細いだけでなく、理想的に出たりひっこんだりしているナイスバディ。

健康的でエロさもなしです。卑猥さがないんだよね。さわやかです。天晴!

ものすごい鍛えているんでしょうね。えらいなあ(エロくはないけど)。

あのボディを見ていたら、思ったんですけど、IT長者に嫁ぐべきは剛力彩芽でも石原さとみでもなく、中村アンですよね。

優秀な遺伝子をあのボディで次世代につないでほしい(勝手なことを。でも、勝手なイメージだけど、IT長者の嫁とか嫌がらなさそうだけど)。

ブラのCMやら日焼け止めのCMやらで若い女子たちのボディを見て思ったんですが・・・

(人間離れ)菜々緒 → 森星 →中村アン(ちゃんと人間)

こんな感じかな。どうでもいっか。で、ドラマについて書きます。

ラブリラン、めちゃくちゃ無理矢理な展開になってきました。

どうやら記憶を失う前に中村アンは大谷亮平とねんごろになり、古川雄輝をふっていた模様。

ちょっと矛盾が目立つ展開ですね。

じゃあ、なぜ記憶を失ってから、大谷亮平は幼なじみのお兄ちゃんポジションを平然と演じているのか。中村アンからの告白(記憶を失ってからの二回目)を断ったのか・・・

おそらくだけど、こんな理由じゃないでしょうか。

中村アンと古川雄輝が付き合う → 大谷亮平が「ちょっと待った!」ってなことで、アンちゃんとやる 

→ やっぱり大谷亮平が好き、となって中村アンが古川雄輝を振る → 大谷亮平と付き合うようになった中村アンが、やっぱり古川雄輝を好きだと気づく

→ 大谷亮平を振り、古川雄輝に戻ろうとしていたところで、記憶がボンと飛ぶ(記憶を失ったことで中村アンは二人のイケメンを一気に失ったことに。大惨事ですよ)

これだと、古川雄輝が中村アンを受け入れないことも、記憶を失った後に大谷亮平が何もなかったかのように幼なじみとしてふるまっていたことも(なんとか)納得がいきます。

しかし、わかりづらい。

この流れと決まったわけじゃないですが、こんな感じじゃないかなー。なんかすっきりしない展開ですよね。

しかし、この流れだとしたら、古川雄輝のとってる態度が実は大変女々しいということになります。

「どうせ、おまえはあいつ(大谷君)の元に行くんだろ、また」ってなことで、いじけてるだけですもんね。

いろいろあったことを、消化できてない。それに付き合わされている大政絢がかわいそう。

それにしても、ツンデレのくせに、意外にハートはガラスだな。つるんと皺ひとつない丸顔のくせに、鼻のしたの線は深いし(ドラマと関係ない)。

そうなると、大谷亮平は中村アンに振られて、片瀬那奈の元に走ったことに・・・乗り換え早いな。

周囲より一段年齢の高い大谷亮平、疲れのせいか、回を追うごとに人相が悪くなってきた気がしますが、ストーリーに沿っているのかもしれません。

よっ、役者魂!

ところで、片瀬那奈が出てくると、ちょっと笑っちゃうんですよね。大好きなんですけど、片瀬那奈。

でも、顔の派手さと柔和すぎる表情が相まって、瞬間的にゆるキャラみたいに見えるときが・・・

知的で包容力のある美人の役柄なのに。

今回と次回あたりがこのドラマの山場だと思うんですが、「せつなさ」や「胸キュン」がまるで感じられない。

中村アンがいろいろ思い出してきて(急に思い出しすぎだっつの)、回想シーンもふんだんで、「せつなさ」や「胸キュン」をてんこ盛りにできるチャンスなのに、ことごとく失敗。

見てるほうはぜんぜんときめきません。

ただただ中村アンが泣きすぎ。

見てるほうは冷めてくる。

次回は謎解きの回になりそうだし(上でも書いたが、この謎が無理矢理な予感がして、ちょっと期待できない)、ここで失敗した分、きっちり取り戻した「せつない回」にしてほしいです。


↓↓これを(上手に)ドラマ化してほしい


姉の結婚(1) (フラワーコミックスα)

おっさんずラブ 真島秀和が田中圭に土下座し、大塚寧々が吉田鋼太郎の背中を押す

まずは今週のあらすじ。

田中圭は戸惑いながらも林遣都と付き合い始めますが、周囲の目が気になります。そんな田中圭に林遣都は「(田中圭にとって)自分の存在は恥ずかしいモノなのか」と問いかけますが、田中圭はうまく答えられません。

そんななか、林遣都の元カレ、真島秀和は「あいつ(林遣都)から手をひいてくれ」と田中圭に土下座。

田中圭を困惑させます。

一方、田中圭にふられたものの、田中圭を忘れられない吉田鋼太郎は三十年連れ添った大塚寧々と離婚。

大塚寧々は「田中圭をあきらめるな」と吉田鋼太郎の背中を押します。

しかし、実は傷心の大塚寧々。

新しく自分の新居探しの担当となった金子大地(こちらも内田理央の気持ちが田中圭にあることを知り、あきらめる)に慰められます。

林遣都との関係をカミングアウトできない田中圭ですが、ひょんなことからこれではいけないと改心。

営業所の皆の前で、自分たちは付き合っていると関係を公表します。

皆が驚くなか、「ちょっとまったー」の吉田鋼太郎の声が営業所の中に響き渡ります・・・つづく。

全体としてはこんな感じ。

いやあ、今週もおもしろかったです。とくにラストの吉田鋼太郎の「ちょっと待った~」は爆笑。

今週は登場も少なかった吉田鋼太郎でしたが、出てくるとやはり笑いをとっていきます。

振られたとめそめそしていた吉田鋼太郎ですが、そんな吉田鋼太郎の背中を押したのは大塚寧々。

これがいい女なんです。「(田中圭を)あきらめるな」と吉田鋼太郎の背中を押して、離婚。

三十年結婚してて、最後の十年、吉田鋼太郎は田中圭に恋してたわけです。嫁からしたら最低の夫です。でも、そこはぐっと堪え、夫を応援。

なかなかできることではありません。せつない・・・

そんな大塚寧々(改めて思うけど、美人です)ですが、来週からはさらに吉田鋼太郎の恋をサポートするようです。「作戦立てるわよ」とかなんとか予告編で言ってた。

そこまで介入しなくても・・・って気もしますが、ドラマとしてはおもしろい。期待してます。

そんな大塚寧々も、内田理央にふられた金子大地といい感じになります。ものすごい年の差カップルですが、大塚寧々ぐらい美人だとあり得るって感じがして、見てて違和感がない。美人ってすごいです。

年齢を超越している。

そんなこんなでとっても素敵な大塚寧々でした。

同じように大人の色気があって素敵だったのが真島秀和。

田中圭に土下座です、林遣都と別れてくれと。あの土下座も爆笑でした。

演技がうまいなー、真島秀和って。普段はクールなのに、土下座のときはちょっと声が裏返ってた。ああいったことができるんですよね、役者さんって。テクニシャンです。

林遣都と真島秀和のなれそめも流れてましたが、最初は林遣都(大学生)が真島秀和(社会人)を好きになったようです。意外ななれそめでした。

今のキャラとは違い、林遣都がおどおどした就活生だったのが、おもしろかった。

今週のメインのあらすじとしては、田中圭が林遣都との関係を最初はどこか後ろめたく恥ずかしく思っているが、林遣都の気持ちに触れたりして、これではいけないと二人の関係をカミングアウトするといったものなのですが(流れを丁寧に描いてましたね)、どうも田中圭と林遣都だけでは物足りない。

どうしても見ててもおもしろいと感じるのは、大塚寧々、吉田鋼太郎、真島秀和の大人のグループです。

やっぱりおもしろいんですよね。演技もうまいし、キャラも濃いし、ちゃんと笑いをとっていく。外しません。

あと、今週見てて、意外といいなと思ったのは内田理央。女子のせつない感じがにじみ出ていました。

普通の女子がはまる方ですね。

田中圭が好きだという自分の気持ちにやっと気づいた内田理央(遅すぎる)。気持ちを伝えようとしたところで、田中圭からカミングアウト(林遣都と付き合っている)されます。

隠れて涙ぐむ内田理央。そりゃあ泣きたくもなります。あのシーン、ちょっとかわいそうでしたね。幼なじみって諸刃の剣の関係です。

ぐちゃぐちゃになっても簡単には関係を切るってわけにもいかないし。

そんな内田理央も来週以降も田中圭たちに絡んでいくみたいなので、こちらも期待です。

来週は吉田鋼太郎もリベンジに燃えるようです。大塚寧々が強烈にサポートして。楽しみです。

内容には全然関係ないんですが、ロケ地として横浜の大桟橋が使われていました。

大塚寧々が吉田鋼太郎にプロポーズされた場所として。思ったんですけど、なにかと横浜に頼りすぎですよね、ドラマって。

東京で暮らしてる登場人物たちがそんなやたらめったら横浜に行くとは思えないんですが。このドラマだけじゃないんですけどね、こう思うのって。

思い出の地ということで、何かと横浜が取り上げられますが、横浜って行かない人(都民)は行かないしね。

あと、全然関係ないんですけど、桐谷美玲の相手って三浦翔平だったんですね。なんとなく・・・離婚しそう・・・

 

↓↓朗読(真島秀和)?


最後に手にしたいもの

マツコ会議 へそ出しルックの美人女医と昭和大学のチャラ男先生が旗の台の白衣専門店でフォーリンラブ

今週のマツコ会議、久々にキャラのいい人たちが集合してました。

場所は旗の台にある白衣専門店。おしゃれな白衣を求めて全国からお医者さんが集まるそうです。

このお店、オーナーさんもお医者さん。

白衣に目をつけて商売するとはなかなかです。白衣はいろんなメーカーが最近狙っている分野のようで、ミズノなどのスポーツメーカーの白衣や、タケオキクチなどのブランド白衣など、様々なものがありました。

で、来店しているお医者さんですが・・・まずは昭和大学の内科医、28歳の男性。なかなかのイケメンです。しかし、中身もなかなかにチャラかった。

エリがたっているタイプの白衣を求めて来店していたチャラ男先生。昭和大の病院と旗の台はたしか近所ですよね(違ったかな)。

見るからにチャラ男な先生ですが、彼女はいないということ。

マツコたちにモテるでしょう? と突っ込まれまくりでした。

次に登場したのは3人の女子たち。皆、研修医で初めての給与を握りしめて来店。

この三人、ちょっとお行儀が悪かったです。マツコたちから質問されても、「ああっ?」みたいな感じで対応で出てくる言葉がなかなかに乱暴。

石原Pも「乱暴ですよね」とおっしゃってました。ほんとにそんな感じで、ちょっと見てて腹が立った。

そろいもそろって医者の娘のようでしたが(2/3がそうだった)、特権階級に生まれ育つとあんなふうに生意気になるんですかね。

将来、絶対にかかりたくない医者たちです。もっともまともに仕事がこなせる医者になるとは思いませんが。

気分を直して次へ。でもって、次の彼女が逸材でした。超美人の麻酔科医(歯科医から麻酔科医に転身されたそうです)。

トレーニングにはまっているということで抜群のスタイルでした。彼女はバツイチ(元夫はアメリカ人)で、男性に求めるものは「誠実さと(ちょっとの)筋肉」。

元夫がアメリカ人なら筋肉は一度は手にいれたのでしょう。手に入らなかったのは誠実さのほうか。勝手な想像ですね。この女医さんに、白衣をまとってもらいます。GUESSのタンクトップ(臍が出ています)の上から白衣を装着。

臍が出た女医さんの白衣姿を見て、

マツコ「すばらし~、先生」

たしかに、スタイル抜群でお美しかったです。

マツコも言ってましたが、スポーティーでエロさは薄め。美人すぎ&スタイルよすぎで崩れたところがないので、エロっぽくはならないんですよね。

この女医さんは後々また登場しますが、いったん他のお医者さんにインタビューです。

次のお医者さんは学生時代にヨット部だった整形外科医。なかなかのガタイの先生だったのですが、今は太っているということで、昔の写真を見せてもらいます。

この昔の姿はマツコにAV男優? と突っ込まれていました。たしかに黒すぎ&チャラめでした。

先生は、ジャケット型の白衣、長めの白衣、ジッパー型の白衣と3着を試着。

マツコにすすめられるままに、ジャケット型の白衣に決定。言われるがままの先生でした。

先生の母親は以前、月曜から夜ふかしに出演されていました。

それは、田舎から都会に出てきて、行列のできるお店(これがなんと「ガスト」)で食事をしたと自慢していたおばちゃんでした。

この方、覚えている方も多いんじゃないでしょうか。なかなかの印象を残したご婦人でした。

マツコはこの先生を彼女なしと判断して、ヨット先生&チャラ男先生をへそ出し女医に紹介します。

しかし、途中でヨット先生は既婚と判明。チャラ男先生とへそ出し女医のお見合いとなります。

チャラ男先生、女医さんがマジでタイプだったようで、女医さんが登場したときから、口をぱくぱくさせて女医さんを見つめていました。

そして、エンジンがかかったチャラ男先生が、マジで女医さんを口説きにかかります(隣に立つ女医さんを見る目がマジすぎた)。

「めっちゃかわいい」「いままで見た中で一番タイプ」

などの本気コメントでマツコたちをひかせます。

そこまでならとマツコたちが、女医さんに彼のことをどう思うかと真剣に質問。

すると、女医さんは誠実で筋肉があるんだったら、と回答。ということで、まずはチャラ男先生の筋肉をチェック。

チャラ男先生、見た目はしゅっとしているのですが、筋肉は結構あるようで、まずは合格点をいただけます。

誠実かどうかはその場では判断できないのですが、女医さんもチャラ男先生のことがそんなに嫌いではなかったようで、「番号を交換しましょう」と言ってくれます。

まさかのお見合い成立です。めでたい!

しかし、はじけまくったチャラ男先生。

マツコ「明日から(職場で怒られても)知らないからな」

そんなふうにいじられてました。

チャラ男先生(結構誠実そうに見えたんだけどな)、筋トレして美人女医さんをゲットできればいいですね(女医さん、過去の反動で誠実さを求めているのかもしれませんが、過剰な男性への期待はいけませんよ)。

 

↓↓アマゾンだとコスプレ用しか売ってない。「あ、先生・・・堪、忍・・・」みたいな使い方をするんだろうか


【Ludus Felix】ドクター 医師 診察衣 コスプレ 衣装 男性 メンズ 長袖 ロング丈 医療白衣 ホワイト 白 両脇ポケット付き S・M・L・XL【日本正規販売店】

ぴったんこカンカン ハコちゃん(岩下尚史)は都落ちじゃない。青梅の自宅(築100年の古民家)は品のある豪邸だった


大人のお作法(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)

 

ハコちゃん、この番組ではずいぶん品がいいんですね。

軽く安住紳一郎に迫るぐらい(もっと激しく迫れば良かったのに。マツコ・デトックスではTBSのスタッフに胸までもませてたもんなー)で、ものすごく大人しかったです。

ちょっと残念。「五時に夢中」や「山里&マツコ・デトックス」でのはじけたハコちゃんを知っているので、ちょっと期待外れでした。

でも、番組に合わせてキャラを変えられる力はさすがです。

番組ではハコちゃんの青梅の実家を特集。

このお宅が素晴らしかったんです。

TBSでの朝の番組を打ち切られ、仕事がなくなり(テレビのレギュラーは「五時に夢中」のみ)、青梅にひっこんだといわれていたハコちゃん。

実態は全然違うと思います。

ほんとのところは執筆のためにひっこんだんでしょうね。素敵な書斎を設えていたし。

この自宅ですが、築100年の古民家をリノベーションしたものです。大きな古民家のリノベーションって、ものすごい費用がかかったと思う。

もともとは材木屋さんが建てた家だそうで、いい木を使って作られているということで、その良い素材はそのまま活かしたそうです。

この「良い点を残す」ってところに膨大な費用がかかるわけです。ハコちゃん、金、持ってます。稼いでます。

古民家で素材の良さをいかしているので、当然畳の部屋が多いです。

でも、照明はモダンなシャンデリアをつるしてあり、全体としては昭和モダンな感じ。

ドラマで出てくる昔のカフェみたいな雰囲気になっており、とっても素敵でした。今後、ぜーったいに雑誌とかに取り上げられると思う。

素敵な自宅として。

書斎はフローリングにしてましたね。押し入れを活用し、本棚に変更してました。

結構、徹底的にリノベーションしてます。費用、たぶんすごいんだろうな。

そして、すごかったのは庭の広さ。500坪だったかな(このあたりの数字、自信なしです)。庭というか、ほぼ山です。

緑あふれるきれいな山でした。

庭は庭できっちり整備されてたし、完璧なお家でした。素敵すぎる。庭師さんもついてるようで出演されてました。

番組の中で、安住と一緒にオリーブの木を庭に植えたりしていて、ハコちゃんはもっともっと自宅周りを充実させようとしているようでした。

ちなみにハコちゃんをほんとのただの電波芸者(ハコちゃんが自分のことをそう表現)と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。

ハコちゃんは、「芸者論-神々に扮することを忘れた日本人」で、和辻哲郎文化賞(文化一般における優れた著作に与えられる賞)を受賞。

ヒタメン、見出された恋など、三島由紀夫の恋愛を描いた小説なども出版されてます。

立派な作家先生なのです。

文藝春秋の編集者もついているそうなので、この青梅の自宅で書かれた小説やエッセイがいつかベストセラーになるかもしれません。

あなたには帰る家がある 木村多江が中谷美紀の家に家庭訪問し、玉木宏がユースケ・サンタマリアに殴られ階段から落ちる

今週は、木村多江がなんと朝っぱらから中谷美紀の家を訪問します。

木村多江、中谷美紀、玉木宏が勢ぞろい。娘の前で、木村多江は玉木宏との関係を暴露します。パニックになる娘。

中谷美紀が娘をなだめ、玉木宏と一緒に木村多江を追い出そうとしているところにユースケ・サンタマリアが乱入。

玉木宏を殴ります。こりゃたまらんと外に逃げる玉木宏。「あなた、やめてー」と木村多江が玉木宏を追うユースケ・サンタマリアを止めようとします。

しかし、止めることはできず、玉木宏はマンションの外階段から転げ落ち、ケガをします。大騒ぎ終了。ちゃんちゃん。

このシーンで評価できたのは木村多江の演技のみ。玉木宏が自分を愛していると信じて疑わず、玉木宏に家事をさせている中谷美紀を責めます。

あのいっちゃってる感じはとっても良かった。このドラマでおいしいのって、ダントツに木村多江ですね。

今週はユースケ・サンタマリアも「さすが」といった感じの演技力を見せていましたが、やっぱり木村多江がおいしい。はまり役ってわけでもないんですけど、うまいです。

このドラマ、ちょっとわちゃわちゃさせすぎですね。リアル感がゼロになってきた。コント感が強すぎるし。

今週の修羅場といい、先週の両家族が一緒に温泉旅行といい、話題になるようなものを作って数字につなげてやろうという意図が強すぎて、楽しめません。

「あり得ないよねー」で話題にして数字につなげるというのもわからなくないけど、そればかりだとまともな視聴者が離れてしまいます。

もうちょっと路線を正してほしい。

中谷美紀と玉木宏の夫婦はつまらないので、ユースケ・サンタマリアと木村多江の夫婦にもっとクローズアップしてほしい。こっちの夫婦のほうが断然おもしろい。

今週、ユースケ・サンタマリアは木村多江に「帰ってこい」と泣きつきます。

「謝れ」「もっと自分たちに奉公しろ」みたいなことを言いながらも、多江の前で跪くユースケ・サンタマリア。

偏屈な男の涙をうまく表現してました。やっぱりユースケ・サンタマリアって演技がうまいんですよね。

しかし、それを上回ったのは木村多江。ユースケ・サンタマリアに感謝の言葉をのべながらも、玉木宏への愛を語りはじめます。

ユースケ・サンタマリアのことは「一度も愛したことはない、最初から」といい、「アイロンをかけたシャツを着てほしいのはあなたじゃない」とあくまでも玉木宏を選択すると宣言。

「これまで幸せでした」などと口にしながら急転直下の展開です(こうなると思って見てたけど)。

ユースケ・サンタマリの「誰のために食えてきたんだ」ってあのセリフ、絶対に言っちゃだめですよね。器の小ささを証明。自分で結婚を選択したのに、これを言っちゃー台無しです。

「家事労働っていくらになるかご存知?」

多江はこれぐらい言い返してやればよかったのに。

「意地の悪い姑もセットだったし、安くありませんよ」

これぐらい言える女だったら、こんなふうに複雑な爆発の仕方なんてしなかったんでしょうね。

この期に及んで玉木宏がまだ自分を愛していると思える木村多江は妄想の激しい女性です。

自分に都合のいい解釈で突っ走れる女ともいえる。

ユースケ・サンタマリアに抑圧されながらも、多江は心のどこかで「いつか王子様が・・・」みたいな幸せな妄想を抱いていたのかもしれない。

だから、あんなに過酷な日常に耐えていたのかも(もっと違う何かの妄想をしてた可能性も大)。

そんなところに飛び込んできたのが玉金なわけです。飛んで火にいる夏の虫ですよね。

単なる我慢強い女なら、玉金の愛が偽物だったことを納得し、再びユースケ・サンタマリアの元に戻ったはずです。

でも多江の場合はそうじゃなかった。このドラマの木村多江のキャラって、やっぱりちょっとモンスターちっくなんですよね。

その多江のモンスターぶりにあまりにも頼りすぎる展開がどうなんだろうって感じになってきてます。

今週、もう一点気になったのが、父親の不倫を知った娘のぱにくりぶり。

あんなに混乱する?

中学生だよ。あんなに弱い?

自分だったら・・・と置き換えると、あんなに混乱したとは思えないのですが、育った家庭や環境が違うせいか。

おかしなことは多少感じとっていただろうし、「あー、そーゆーことか」と納得する点もあるかと思うんですが、鈍感ちゃんだったのかな。

無菌培養しすぎたんじゃないんでしょうか。

両親を聖人君子のように思いすぎてます。あのまま大人になったほうが危険だったような気がします。

この事件で少し大人の階段をのぼったほうがいい。

ユースケ・サンタマリアのところの息子をすこし見習ったほうがいい。おかしな家庭に育ったのに、立派にその「おかしさ」を咀嚼。

折り合いをつけていい子に育っている。

あれぐらいじゃないと大人になったときに、上手く世のなかを渡っていけません(でも、リアルな話をすると、あんなに特殊な環境で育つと、人生に転ぶ可能性が大です。普通に育った人たちとうまくやれずに、アウトサイダーな生き方をしてしまう)。

しかし、このドラマ、原作そっちのけですね。こんな内容だったかな。絶対に違うと思うけど。

これじゃ、タイトルだけ原作からもらいました、みたいになるんですが、いいのか?

ちなみに山本文緒の原作はおもしろかったです。

ドラマみたいに、ざわざわわかりやすくトラブらなかったはずだし、もっとリアルな心理描写をしていた。

このドラマいまいちだなーと思った方も、原作は楽しめるかもしれませんので、どうぞ読んでみてください。


あなたには帰る家がある (角川文庫)

デイジーラック 佐々木希より、夏菜や中川翔子の物語のほうが断然おもしろい

つまらないといっておきながら、なんとなく見てしまうデイジーラック。

既視感バリバリの内容なんですけどね。ついつい録画を暇なときに見てしまう。

意外性もなにもない内容なので暇つぶしにちょうどいいのかも。何かをしながら流しているのにも適してます。ディスりすぎか。

ということで、見てて思ったのは、佐々木希のキャラがなんともステレオタイプでつまらないということ。

三十手前、男に振られ、職を失い(会社倒産)、気づいたら自分は何も持ってない・・・ああ、そうですか。みんなそんなもんですよ、40になっても50になっても。

でもみんなだましだまし生きてるんです。

小娘のクソな悩みがまずうっとおしい。そして、佐々木希の恋愛相手がまた・・・ツンデレ二枚目な鈴木伸之。

職人気質で気難しいけど、実は優しく誠実で男気溢れる男なのです。漫画チックすぎる。

佐々木希も鈴木伸之も嫌いじゃないけど、これだけ単純な役をやっていると、見た目がいいせいか、ものすごいアホっぽく見える。キャラが軽すぎなんですよね。

単純すぎる。

で、周囲の女子たちのほうが見応えがあります。まずは夏菜。

仕事に一生懸命で男勝りなサバサバ女子です。こちらもひと昔前のキャラっちゃーキャラです。さらにだめんずだしね。

そんな夏菜がライバル会社のやり手営業マンに恋をします。

この男が桐山漣。女に寄生するようなダメ男ばかりを相手にしてきた夏菜はちゃんとした普通の男との恋愛に四苦八苦します。

男性経験は豊富なんだけど、ダメ男経験しかないせいで、ちゃんとした男との距離の取り方がわからないという表現はおもしろい。

しかも、やはり男を見る目はどこか欠落していて、この営業マンも仕事はできるが若くしてバツイチで、しかも別れた嫁と同じ職場で働いています。

付き合うと苦労するような男ばかりに惹かれるダメ女に夏菜がはまってます。

「あ、そっちじゃない」ってな男を選びそうですもんね、夏菜。

中川翔子もなかなかなこじらせキャラです。フリーのバッグ職人で処女。

夏菜の弟、磯村くんに好意を寄せられていますが、仕事に必死でそれどころではありません。

何もかもかなぐりすてて好きな仕事に走ったのに、成功をおさめられずに迷走中。このあたりがリアルです。

しかし、佐々木希のように「自分には何もない」と悲観的にならないキャラなのは良い。

30で「何もない!」ってそんなに落ち込むのって現代のリアルではないですよね。

昔より長生きになって、大人になりきる年齢も遅い現代人にとって30はそれほどの区切りではなくなってます。

むしろ40とか50のほうが重い問題となっている。更年期とか不調も出るしね。

妊娠のデッドラインを考えるときも、30より40を意識するでしょう。もはやそんな時代になっているのに・・・

30で右往左往する女の物語はちょっと時代遅れかもしれません。切実さがそんなに出ないし。

あと、もう一人おもしろいのは、結婚したのに旦那に振り向いてもらえず、SNSでつながった元彼とあっさり不倫に走りそうなダメ嫁な徳永えり。

ヒロイン感が強いです(ダメなヒロインだけど。いちいち大騒ぎする感じがヒロイン向き)。

旦那はエアロビに一生懸命で(さらに女が出てくる可能性も大)、徳永えりはかまってもらえません。

そこで、「ちょっと遊んでやろう」ってな感じが見え見えの元彼にあっさりと傾きます。簡単~。

でも、嫌いじゃない、キャラとして。

こんなに芯のないブレやすい女っておもしろいです。ドラマチックに生きそうだしね。

ということで、佐々木希とそのお友達たちですが、一番おもしろくないキャラをやっているのは佐々木希ということになります。

なんだか気の毒だね、主演なのに。

でも一番いい男をあてがわれてるし、ま、いっか。

そんなふうに納得されているかどうかは知りませんが(そんなこと思ってないだろう)、最終回までがんばってほしいです(体調、大丈夫なんですかね)。

 

 ↓↓「ちょっとこじらせた大人の女の物語」として推薦します


姉の結婚 全8巻完結セット (フラワーコミックスアルファ)