いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート

文学処女 胸キュンシーン連発&城田優の裸はすごかった!

泉里香をもっと出せ!

今週、出番なしでしたね。残念。ってゆーか、ドラマのおもしろさ半減するわ。

ということで、内容ですが、胸キュンシーン連発でした。

ちょっと多用しすぎで感動が薄れる。もうちょっと絞り込んで。もったいないよ。

落ち着いた城田優が恋愛経験なしの森川葵をからかいながら、次第に惹かれていくのですが、このやりとりが胸キュンシーンの連続。

城田優はハーフだし、どこか現実味が薄いから胸キュンシーンがめちゃくちゃはまります。

年よりでも、キュンキュンしちゃう。

素晴らしい逸材です。でもって、翻弄される森川葵がちょっとおぼこくてこっちも良い。

メイクも薄めで、そんなに華やかでも美人でもないところが、こちらは現実感がたっぷり。視聴者に親近感を抱かせる。

夢(城田優)と現実(森川葵)の対比に成功中。

引き続きこの調子でやってほしい。

あと、今週ちらっと出た城田優の裸が最高でした。

バスタオル一枚の姿でしたが、めちゃくちゃかっこよかったです。

城田の裸は今後も連発を希望。泉里香と並べたらもっと最高。

期待が高まります。

胸キュンシーンですが、この二人以外でも発信されています。

森川葵の同僚で彼女を好きな文芸編集者(♂)がいるのですが、この編集者に恋する女子高生がいて、この二人のやりとりもなかなかに胸キュン。

こちらはやや甘酸っぱいです。ヤングマン(死語)向け。

彼を好きな女子高生、その女の子に優しくしながらも決して安易に気持ちは受け取らなくて、優しく突き放す・・・忘れられんくなるやろ(女子高生、胸きゅ~ん)

そんな感じのシーンが多発します。

こっちの若めの恋愛を好む視聴者も出てきそうですね。

片思いってなかなか威力というか、人気があるからな。そういったところでも視聴者をちゃんとひろっていこうという設定もなかなかのものです。

やや退屈かなという内容を出演者の良さでカバーしている文学処女。

この調子で尻上がりにおもしろくなれば、なかなかのドラマになりそうです。

そんな流れを作るために、来週はぜひもっともっと泉里香を!

文学処女 城田優と泉里香の大人の関係がエロい

森川葵が処女で小説大好きな編集者、城田優が人気作家だけど、小説への情熱は失っている気難しくてわがままな男ででてきます。

森川葵の小説への情熱に触発され、城田優も小説へのやる気を取り戻し、大量生産のような小説書きを卒業していくというお話になるのでしょう。

のっけから展開がわかるような内容です。

でも、ま、いっか。展開は退屈でも、そこへ至るまでのやりとりがおもしろかったら別にいいです。

でもって、おもしろいのは城田優を担当している他社のエロ美人編集者、泉里香。

城田優とは体の関係もある(みたいです)編集者として描かれています。

この城田優と泉里香の二人の並びがエロい。

二人ともちゃんと熟成した大人の男女というルックスなだけに、ちょっとエロいことをしても、ものすごくエロく見えます。

これは泉里香の力がすごいってこともあるんですが。

泉里香、大人のちょっとエロくて悪い女、みたいな役が続きますね。

と~~~ってもはまってるんですが、ずっとこればっかりだとキツイのでは。

でも、これ以上はまるキャラはないだろうしなあ。難しいところです。

森川葵と城田優だと、なんだか年の差を感じさせるというか(城田優が圧倒的に上にみえる)、恋愛力の差を感じさせるというか(こちらも城田優が上にみえる)、なんだかちぐはぐなんですよね。

ドラマとしては、この二人がくっついていくんでしょうが、視聴者としては城田優と泉里香のいちゃいちゃを見ていたい。

だって、なんだかリアルな感じも出るし、エロいんだもん。

ということで、このドラマの肝はエロい泉里香です。彼女のがんばりにかかっている。

実際、泉里香は森川葵のライバルというポジションで出ているので、今後も重要なキャラには違いないのです。

ということで、脚本家の先生にお願い。

まだ脚本ができてないなら、泉里香の登場シーンをできるだけ増やして!

初回だけなので、おもしろいかどうかもよくわからない内容でしたが、久々の城田優とエロい泉里香が見れるので、引き続き視聴してみようと思いました。

中山美穂、織田裕二に鈴木保奈美 かつての視聴率俳優をそろえ、フジテレビが40代50代をとりにいく

配信数はすこぶるよい、テレビ離れしている若い視聴者層をとりこめている・・・

恋仲などの月9の視聴率がよくなかった時期のフジのお偉いさんのコメントです。

新しい視聴者層を開拓しているから、表面的な数字(視聴率)はどうでもいいんだ、みたいな逃げを口にしていたのに、新ドラマではそういった姿勢は一気に改めるようです。

結局は数字がとれないとなんの意味もないと思い知らされたということでしょう。数字=商売だからね。

ということで、月9や木10にかつてのドラマスターを一気に投入してきました。

視聴率をとるぞ!(40代以上の数字をとるぞ!)という意気込みを感じます。

まずは月9ですが、織田裕二と鈴木保奈美を投入。

この二人の共演を話題にしようとしていますが、それほど「共演」に魅力はないかと思います。

しかし、織田裕二が内容の良いドラマに出るとなると、そのことを歓迎する層は厚いと思う。

ここ数年、織田裕二はドラマ自体から離れているし、かつての内容の良いドラマみたいなものへの出演もできていない。

なので、織田裕二が出るおもしろいドラマとなれば、数字はある程度とれると思います。

鈴木保奈美に需要があるかといえば、これは謎。

鈴木保奈美さんあたりの年代の女優さんって意外と層が厚くて(たとえば、鈴木京香とかちょっと年下だけど高岡早紀とか)、鈴木保奈美がそこまで突出した存在かなと思ってしまう。

ただ、鈴木保奈美はこのところ自分の一番強みであるキャラの高飛車キャラを演じてないように思います。

これをべたべたに織り込んだ役をやれば、人気復活に勢いがつくのでは? と思います。

で、注目は月9ではなくむしろ木10です。

中山美穂が不倫(?)する主婦役で出てきます。

復帰後の民放のちゃんとしたポジション(メインに近いポジション)のドラマは初ではないでしょうか。

いろいろごたごたありましたが、やっぱりある程度の底堅い需要があることを証明したミポリンがついに大復活のきざしです。

ドラマ「黄昏流星群」の主演は佐々木蔵之介で、その不倫相手は孤独な女性というポジションで出てくる黒木瞳です。

メインはこの二人であることは間違いないんですが、そう思って予告編をみると「あれ?」という違和感が・・・

佐々木蔵之介の妻であり、娘の婚約者と恋仲に落ちる(そうです)中山美穂にずいぶんクローズアップした内容になっているんです。

短い予告編の中身ばミポリンでいっぱいになっている。瞳のご機嫌が心配になってきます。

予告編からして(予告編だけなのかな?)、ミポリンを推そうという強力な意図が感じられました。

それはミポリンの役柄が一番わかりやすく衝撃的だからかもしれませんが、なんだかんだいって中山美穂はまだまだ需要があるからそこに賭けたいというフジの狙いなんではないでしょうか。

キョンキョンが休業中の今、その穴を埋めるのはミポリンがふさわしいというのもあるはず。

バーニングはキョンキョン退社後は内田有紀を推すなんて記事も出てましたが、それにはなにか違和感を感じました。内田有紀もいいんだけど、そうじゃないだろうって。

でも、ミポリンとなるとしっくりきます。

キョンキョンと同世代のドラマスターってやっぱりミポリンなんですよね。

あと、このドラマの役柄がミポリンにばっちり合いそうだというのもある。

中山美穂ってママはアイドルみたいなコミカルな役でも人気を博していましたが、本領を発揮するのはラブレターで演じたようなしっとりした、ちょっと憂鬱さのある役なんです。

年を経て、さらにこの傾向は強まっています。

なので、きちんとした家庭での大人しい主婦ながら、娘の婚約者としてはいけない不倫に迷いながらおちていくという役柄はばっちりはまるはず。

期待が高まります。

この数年は、BSやWOWOWのドラマを中心に出演していたミポリンですが、その演技力も顕在です。

平成細雪では、四人姉妹の長女で、ちょっと難しい老け役を見事に演じていました。

注目度は低い仕事だったかもしれませんが、昔の勘みたいなものはきっちり取り戻しているんだなという感じはしました。

さて、中山美穂、織田裕二、鈴木保奈美の三人に共通するのは、安定した演技力と何をやっても同じわけではないけど、何をやってもその人のキャラがある程度滲むといったところです。

昔の人気者ってだいたいそんな感じ。ちゃんと個性があったんですよね。

今はカメレオン俳優みたいなタイプが好かれ、個性を消すほどの演技力が称賛されますが、それでは「その人である意味」はなくなっている。

脇役には求められることかもしれませんが、主演(=スター)には求められることではないと思います。

そういったスター性をきちんと兼ね備えている女優、俳優を復活させることで数字をとろうとしているフジテレビですが、その戦略はうまくいくのか。

「高嶺の花」のようなドラマがある程度の成功をおさめている(古いタイプのドラマの良さが見直され始めている?)今なら、ひょっとして予想以上の成果をたたき出すかもしれません。

 

伊勢谷友介がおもしろいサバイバルウエディングと深夜ドラマ「噂の女」「恋のツキ」「ポルノグラファー」の感想を一気まとめ

サバイバルウエディング、やや予定調和の展開ながらじっくりとみせる内容で、悪くないです。

今週は財前直見と波瑠の親子の愛情物語でした。絶対にやるだろうと思っていたのですが、後回しになっていたものがついに出てきましたね。

財前直見は母親の役がしっくりきて、良いですね。それにからむ伊勢谷友介も相変わらずおもしろく、このドラマのMVPは伊勢谷友介と言っていいでしょう。

笑いの部分は相当伊勢谷友介が担っていた。

物語は王子様(吉沢亮)とついに気持を確かめ合いつながった波瑠ですが、次週は二人の愛が結婚という形で成就するかどうかをみせていく展開になりそうです。

波瑠はこのまま吉沢亮と結ばれインドへ飛ぶのか、それとも伊勢谷友介を選び、日本に残るのか。

伊勢谷友介を選びそうですが、こればっかりはわかりません。あと、吉沢亮の母親として羽田美智子が登場。

この方、しっかりいい役で出てきますね。今回も気難しい夫を支える良妻賢母として登場。美人って得です。

深夜ドラマも最終回目前で盛り上がり中です。

まずは噂の女。

ついに刑事、中村俊介の捜査の手が足立梨花の伸びます。しかし、一度は解決している事件を蒸し返すことに署内は大反対。

それでも中村俊介は疑惑の女、足立梨花を諦めません。

足立梨花のちょっと小悪魔な悪い女とピュアでかわいらしい刑事、中村俊介の対比がおもしろいです。このあたりは視聴者を呼べそう。

しかし、主題がショッピングセンター絡みの談合となってから、物語のテンポがやや悪くなってきたことも確か。

大事な部分なので丁寧に扱ったのかもしれませんが、それが結果間延びにつながってしまったのは残念でした。

次にポルノグラファー。

官能小説作家、竹財輝之助への愛情を確認した大学生、猪塚健太ですが、気持ちをぶつけると竹財輝之助に体だけ弄ばれるという展開に。

毎週ワンシーンは必ず男×男のエロをもってきてくれるサービス精神の高い(数字を狙ってるだけ?)つくりとなっております。

Hシーンはそれなりに激しく、それなりに上品。

出るのは「ケツ」や「乳首」ぐらいですが、イケメンがあえぐシーンが結構長い間鑑賞できます。

乳をまさぐってたり吸ってるシーンはそれなりにハードなのか?

好きな人は好きでしょう。コアなファンを得そうなドラマです。

来週は、それでも先生、竹財輝之助が好きな大学生、猪塚健太がさらに先生にくらいついていきます。

しかし、実はスランプ中で小説を書けなくなっていた先生。

自暴自棄になっている先生に大学生の真っすぐな心は届くのか。これをラストに向かって展開していくようです。

エロも忘れずに純愛も描いてほしいです。

さて、ラストは恋のツキ。

こちらはリアルな女子恋愛を展開中。

きれいだけではすまない都会の女子の恋愛をじっくりとみせてくれています。エロもわりとふんだん。体をはっている徳永えりはえらい。

演技力もそこそこあり、いらいらするような大人しめの優柔不断女子をじっくりとみせてくれます。

学生と浮気し、一度は同棲している彼氏と壊れそうになる徳永えりですが、これは泣きついて修復。

しかし、相変わらず彼女を下にみる彼氏についに三行半をたたきつけ、別れることになります。

さて、このままスパッとダメ男と別れることができるのか。ゆるくつながっている若い学生の彼氏とはどうなるのか?

最終回に向けて盛り上がってきたというか、俄然興味をひくようになってきたドラマ「恋のツキ」です。

 

高嶺の花 香里奈は石原さとみの仕込みだった? 芳根京子と千葉雄大のラブシーンは80年代ドラマを彷彿とさせた

のっけから意外な展開をみせてくれた今週の高嶺の花。

なんと香里奈は石原さとみの親友で、峯田和伸の石原さとみへの愛情を確かめるための仕込みでした。

チャンチャン。意外な展開だけど、ああ、それもあり得るかという展開。

ばっちりメイクと派手な衣装の香里奈はやっぱりきれいだった! の印象が強くて、物語があまり入ってこないという結果に。

ま、このあたりはどうでもいいです。

そして、お約束のように香里奈が峯田和伸にちょっと本気で惹かれているという展開にもなってきました。

でも、結局は石原さとみへの愛情を貫くんでしょうね。このドラマで峯田和伸は理想的な人格に描かれているので。

このドラマであの二人(石原さとみと峯田和伸)がくっつかなかったら何だったの? って感じになるので、二人は結ばれて終了なんでしょうが、最終回でやっと二人の復縁がみれると思うと来週への期待が高まります。

さて、所々で野島伸司テイストが爆発するこのドラマですが、今週も芳根京子と千葉雄大の二人のシーンはそんな感じでした。

懐かしい80年代ドラマのラブシーンを見れた。

全てを失った千葉雄大に対し、「それでも好き」と愛情を示す芳根京子。

二人はしっとりと抱き合います・・・あの感じ。昔やっていた野島伸司のドラマのテイストをばっちし再現してましたね。

懐かしいと思った40代、50代も多いはず。

久々に見るとちょっといいですね。あれがあふれてしまうと飽きるけど、たまに見るとちょっとジーンとくるものがある。

恋愛至上主義だった時代のテイストなので、今の視聴者に受け入れられるかは疑問ですが、楽しんだ人もそれなりに多かったのでは?

さて、来週は「もう一人の自分」はもう見えないと知った石原さとみがどう生きていくのか、そして峯田和伸との恋はどうなっていくのかを巻きの展開でみせてくれるはずです。

最終回は盛りだくさんで満足度の高いものになるのではないでしょうか。

 

義母と娘のブルース 単なる町のパン屋の立て直しの物語に・・・秋からのドラマは有村架純で松嶋菜々子がタッキーとやった「魔女の条件」みたいなやつ?

さて、数字も好調な義母と娘のブルースですが、何やらおかしな展開に・・・

おかしなってこともないんですが、単なる町のパン屋の立て直し物語になってきて、親子の物語ではなくなっています。

それでもいいし、おもしろいんだけど、ちょっとメインの筋からそれてきた感じがする。

最終回目前でこれでいいのか?

視聴者は親子の物語(ようするに泣きたいわけ)を求めてチャンネルを合わせているので、ちょっとその期待を満たしてない気がするわけです。

でも、ここへきてやっと佐藤健がまともに出てきたということで、数字は維持できるはず。帳尻は合うのか。

ずっと佐藤健がチョイ役みたいな感じで終わったら、それはそれで問題だしね。

ただ、この物語はキャリアウーマンの綾瀬はるかがその思考を家庭や子育てに持ち込むからずれが生じておもしろいというところをミソでやってきたのに、町のパン屋さんでの立て直しとなると、そのキャリアウーマン的思考がズバッとはまってしまって笑いが生じないわけです。

なので、笑いが少なめになっている。

ずっとあの路線で進めるってのも苦しいから、この展開で綾瀬はるかの能力が活かされてチャンチャン(終了)っていうのも悪くないが、あのちょっととんちんかんなことをする綾瀬はるかの面白さがもう見れないのは残念。

でも、パン屋を立て直すことで、娘に仕事の喜びとか意義を教えたいという母(綾瀬はるか)の願いが叶うという形で終了するのでしょう。

それで娘がちゃんと進路を考えて、選び取るとかね。

すごくまっとうでいいお話で終わりそうな義母と娘のブルースです。

しかし、この次のドラマは結構問題作になりそう。

ま、この枠は不倫もの(波瑠のやつね)とか、DVもの(向井理と吉岡里帆のやつね)とかちょっとひねったものをもってくるドラマ枠なので、驚きませんが。

有村架純が教師で中学生と禁断の恋に落ちるそうです。

松嶋菜々子とタッキーの魔女の条件(だっけ?)を思い出す。

時代は繰り返すというか、結局忘れられたころに焼き直しってわけね。

あのドラマは衝撃的だった。何が衝撃って、松嶋菜々子が馬鹿デカく見えた。

ま、実際背の高いスタイルの良い方なんだけど。

組み合わせっていろいろ難しいんだなと思って視聴していた記憶がうっすらあります。

あと、ちょっと気になったのは有村架純の彼氏役(大人の)で町田啓太が出るそうです。

この枠で大ブレイクした鈴木伸之と同じLDHの方ですが(LDH枠があるの?)、こちらもブレイクするか。中学生に彼女をとられるということで、おかしな行動に出る大人の彼氏という設定になるのか。

狂った演技が求められるキャラなら強い印象を残せるはずです。

正統派イケメンなのに、なぜかいまいちはじけない町田啓太にも期待がかかります。

今回の禁断の恋はどうなるのでしょう。時代も変わってるし、以前のやつよりもっと過激になりそうなので、ちょっと期待です。

 

NHKみんなで筋肉体操 武田真治がついに筋肉を活かす!庭師の外国人がなぜか和風な名前で登場

youtubeに突然出てきたのですが、見てみると驚きの内容でした。

みんなで筋肉体操って名前からして、なんだかもうすごい。

NHKが作ってるってことでさらに驚き。

NHKもここまできたか・・・

何が狙いなんでしょう。おふざけ企画としては、力が入りすぎている。

だって、武田真治とかでてるし。でも、「とにかく自分に甘えない」なんてポイントも表示されたりして、やっぱりおふざけかとも思う。

これまで真治の筋肉は無意味だと思ってましたが、それが存分にいかされてます。

まさか、こんな番組で日の目を見ようとは・・・真治も感慨深いに違いない。

内容は、三人の男性が筋肉をつけるための体操を延々やっているというもの。

正しい腕立て伏せの方法などを伝授してくれます。それなりに意味があるのか?

ニーズはありそうだけど。youtubeでも、筋肉をつける体操について指南しているものが多いですもんね(それで作ったのかな?)

ということで、ざっと5分ぐらいのものです。

正しい運動の動作を示してくれるのは、三人の鍛えられた男たち。それが、俳優の武田真治、弁護士の小林さん、庭師の村雨さん。

武田真治はわかるんです、俳優なので、こういった仕事もやるでしょう。

でも、なぜにマッチョな弁護士?(先生、なぜオファーをうけた?)

そして庭師?

なぜ庭師?というより、もっと気になることが。。。この村雨さんが、見た目が完全に欧米人(白人、金髪)なんです。

村雨・・・

見ていて思うのは、この三人の体が立派すぎること。

武田真治の体がすごいことは知ってましたが、他の二人ももう鍛える必要がないのでは?(というか過剰では?)というぐらい出来上がってます。

とくに弁護士の先生はちょっとボディビル入ってます。

筋肉でムチムチしている。

ということで、この三人を動かしている(?)筋肉指導(?)の先生は谷本先生です。

ホンマでっか!でおなじみの先生ですね。

こちらでは体型を強調した衣装で出ているので、谷本先生が実はすごい体をしていることも確認できます。

マッチョな谷本先生が一番人気をアップさせそうな気がするんですが・・・気のせい?

番組の締めの言葉も谷本先生。

「筋肉は裏切らない」

谷本先生は言わされているだけだとわかってますが、真剣にこの言葉を口にする先生を見ていると、何かあったのかなと心配になります。

谷本先生、この仕事、受けてよかったと思ってますか?(知名度と人気がアップすることだけは確かだけど・・・)