いい年なのにテレビっ子!

テレビの感想や芸能ネタなどのつぶやきリポート & 無料小説

アウト×デラックス 桁違いのお嬢様、團遥香(24才)登場! 高嶋ちさ子の父、高嶋弘之はやっぱりちょっとえらそーだった

番組に出てきた團遥香、けた違いのお嬢様でした。

父はコレド室町などを設計した一流建築家、祖父の團いくまは「ぞうさん」や「ラジオ体操第二」の作曲家です。

祖父の祖父は三井財閥の総帥だとか。

財閥とかいっても、元をたどれば源泉(総帥)に当たるのは当然なんですが、その子孫がテレビにでてくるとびっくりしますね。

財閥の子孫って現存するんだって。

親戚には三井財閥の創始者、住友財閥の創始者、ブリヂストンの創業者(いしばし家)などがいるそう。

金持ちって元をたどれば団子状態なんですね。

金が金を生み、金と金がまざりあって転がる(?)。まさしく戦後の日本経済。おそるべしです。

その子孫がいまテレビに!

でも、なんだろう、別にありがたくない。

そんな團家の家訓に「代々同じ職業についてはいけない」というものがあるんだそう。

芸能人はいなかったんでしょうね。だから團遥香がトライしてるんでしょう。

子孫がすべての職業を網羅したらどうなるんだろう。家訓達成で変更かな。平和だね。豊かさがうらやましい。

マツコや矢部は團さんにテレビにあふれるニセセレブを論破してこなごなにしてやれ、そういった企画でがんばれと言ってました。

そういった企画をすすめられて、まんざらでもなさそうだった團さん。どこかでこんな企画をやっていたら、元はこの番組です。

次は高嶋ちさ子の父、高嶋弘之が登場。

早大卒のエリートで、現在のEMIミュージックジャパンのお偉いさんみたいです。

えらそーでしたね。

さすがちさ子の父。同じDNAを感じました(こっちが元だけどね)。

ちなみに弘之さん、高島忠夫の弟だそうです。

高嶋弘之さんはビートルズの初代ディレクターで、日本にビートルズをひろめた方だそうです。

この自慢話をえんえんしてました。

ちょっとダメな感じのおっさん。

むか~しのサラリーマンタイプですよね、過去の栄光を語っちゃうって。

別にいいんですが。ぶっちゃけ、そんなふうに成功しててうらやましいし。

でも、これからはサラリーマンでも起業家でも、成功した人はあんなふうに自分の功績を自慢げに語ってはいけない。

思ってても。それはクローズした場所(銀座のクラブとか)でやるべきことです。

今は表立って自慢話なんかしたら、ネットでたたかれる格好のネタです。

めんどうな時代になりましたね。

成功者の自慢話もうっとおしいけど、それを許さない時代にも閉塞感を感じてしまいます。

何のてらいもなく、自分の過去の栄光を語る「裸の王様」っぷりもそんなに嫌いじゃないですけど、ラジオの電リクを詐称したり(やらせ)ってなマーケティング手法を自慢げに語られても、今の視聴者には何も響かないと思いました。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

先に生まれただけの僕 ついにキレる多部未華子。学校ではバスケ部の遠征費をめぐってひと悶着する

今回、意外なことに多部未華子がキレます。

「別れましょう」ってな具合に。

ちょっと不自然でした。何があったってわけでもないのに(久々に会った彼氏が仕事に夢中で上の空だったぐらい)、ちゃんと交際を積み上げて婚約した相手に対してあのセリフ。

辛抱強さも必要であろうちゃんとした仕事をやっている総合職OLにあるまじき行動。

ストーリー展開のためのひと悶着とはいえ、不自然すぎた。

見え見えで近寄ってくる平山浩行になびきそうになったりして、多部未華子のキャラがぶれぶれになってました。

ちょっと残念な展開。

これで最終回にはやっぱりくっつくのかな、別れるのかな。

櫻井翔が学校を選んだら(親会社を辞めて転籍)、間違いなく多部未華子はキレて別れたままになりそうです。

急につまんない女(のキャラ)になってきた多部未華子にがっかりです。

さて、今週はバスケ部の遠征をめぐってひと悶着。

遠征費が高すぎるということで、学校の運営費から60万円をあてることに。

でも、これってまるまるの借金です。

櫻井翔はこれを生徒にわかってもらうために(死に金にしたくなくて)60勝しなさいと葉っぱをかけます。

これで奮起する若者たち。さわやか。

30超えた人間にあんなこといったら、「遠征止めようぜえ~」になります。これこそ学園もの。ザッツ青春。

たまにはこういったシーンもなくてはなりません。学園ものなんだから。

さて、さわやかな話はここまで。

切れにキレた高嶋政伸が櫻井翔に校長を続けたかったら転籍しろと迫ります。

来週は櫻井翔の決断がらみで終了しそうです。

学校を選びそうな気がするけど、ひねりのある脚本なので、そう簡単にいくか。

どういった結末になるのか、多部ちゃんとの仲もふくめて(蒼井優とはどうなるかも気になる)、ちゃんと最終回で確認します。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

アウト×デラックス ホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリをとった定岡ゆう歩(21歳)

番組に登場したのは、第42回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリをとった定岡ゆう歩(21歳)。

この方がなかなかに個性的です。

ちなみにホリプロタレントスカウトキャラバンは基本的に女性のみで行われてきたものです。

ひさびさに男女で競わせた結果、グランプリをとったのが定岡君だったそう。

さて、そんな定岡君ですが、ちょっとりゅうちぇるっぽいんです。

マツコにはりゅうちぇるを通りすぎてIKKOさんになってるわよと言われてました(韓国コスメにはまってたしね)。

マツコも言ってましたが、ホリプロタレントスカウトキャラバンって大博打をうった感じですよね。

42回=厄年ともつっこんでました。確かにそうですね(笑)。

特別賞みたいなものをとったのなら、とっても理解できるんです。定岡君はピアノを弾けたりって特技もあるし。

でも、グランプリですよ、グランプリ。

これはやっぱり博打ですよね。

ただ、ホリプロって先見の明はあるのかもしれません。博打とは思ってないのかも。

数年後はこういった子が視聴率を稼ぎまくると予測して、仕込んでいるのかもしれません。

ホリプロは綾瀬はるかとか深田恭子とか石原さとみとか成功してる女優が多いけど、小島瑠璃子みたいにバラエティで大成功してる方もいるので、俳優ばかりに目を向けてるわけではないのでしょう。

しかし、正統派をグランプリに据えなかったのはちょっと疑問。

とびぬけた子がいなかったんですかね。

さて、定岡君は、「かっこいい」より「美しい」と言われたいタイプ(どーゆータイプだ)。

ちなみに、女性には興味があるそうですが、経験はないそうです。

中2からメイクをはじめ、いまでは月に3万は化粧品に使い、一時間半ほどメイクしてから出かけるそうです。

ここまで徹底してると偉い。

なかなかできることではないです。だって、めんどくさくありません? お金もかかるし。

この根性が仕事にむかったらすごいかもしれません。

そんな定岡君がマツコにした質問は・・・普段、何を着てますか?

マツコ「ジャージ、ジャージ」

同じ質問を気をつかって矢部にもしますが、興味がないことが丸出しになっていて、「興味ないやろ」とつっこまれてました。

一生懸命&天然な感じがおもしろかったです。

人気出そうな感じもするんですよね。

定岡ゆう歩くん、ホリプロのプッシュがあるし、まずはバラエティに出まくるでしょうね。

そこで火がつくかどうかはわかりませんが、見た目が奇抜なだけで、あとはすごくまっとうな感じがしました。

もうちょっと性格もパンチがきいていたほうが、テレビには好まれるかもしれません。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

綾瀬はるかがあんなに頑張っているのに、「精霊の守り人」はなぜ視聴率的に苦戦しているか

まず暗い。

内容(ストーリー)はそんなに暗くないのに(前向きさもあるし、そんなにひどいことばかりも起こらないし、救いもある)、なぜかものすごく暗く感じる。

映像はきれいなんです。とてもお金もかかっているのでしょう。セットもすごい。

衣装も凝っている。ほんとに予算がかかってます。

でも、画面から出てくる印象がなんとも寒々しく暗い。

作り手からすると異空間、異世界を作り上げることには成功しているし、狙い通りかもしれませんが、見てるほうは「華」のなさにうんざりしてきます。

王様とか王子を扱っているのに、煌びやかな感じが全くないんですよね。

暗いのは画ずらだけでなく、セリフとか、そういったものも暗い。

重厚さがあってそれはストーリーを支えてていいんだけど、ちょっと重すぎる。

笑いがほしいわけじゃないんです。そんな内容じゃない。でも、明るさに欠けるんだよね。

出演者もみんなしかめっ面してるし。緊張感が強すぎるんです。

土曜の娯楽を求める視聴者にはきつい内容。

映画のような重厚さがすべて裏目に出てるんですよね。

セリフとセリフの間も長く、そのせいで変に緊張感が高まったり、反対に間延びしたり。

ドラマのような軽さを嫌っての演出だと思いますが、軽快さがここまでないと視聴者はついてきません。

クオリティはすごく高いと思うんです。でも、素人向けじゃないのかも。

今の視聴者はこんなじっくり見ないといけないドラマは好まないでしょう。

軽快なやりとりを楽しめ、あっという間に時間が過ぎるような内容を優先して視聴します。

出演者たちのアクションも素晴らしく、特に綾瀬はるかは女性なのにものすごいアクションをこなしています。

すごくすご~く鍛錬しているんだと思います。ものすごく評価できるというか、尊敬できる。

しかし、そんな綾瀬はるかのアクションも十分には活かされてない感じがします。

「奥様は、取り扱い注意」でもアクションをこなしていた綾瀬はるか。

あちらのアクションは素手での打ち合いや蹴り合いをやってました。

空手とかテコンドーみたいな感じでした(このあたりはよくわかりませんが)。

軽快だったんですよね。ビシバシと打ち合う感じが楽しかった。

しかし、「精霊の守り人」のアクションは武器を使ったもの。

アクションはより難しくなるでしょうが、見てるほうは、武器がある分軽快さに欠けて見えてしまいます。

素手で打ち合うより、のろっとした感じになってしまうんですよね。

アクションのほうも間が長い気もします。

間の長さ=重厚さにもつながってプラスになることもあるんですが、このドラマに関してはそれが裏目に出ているような気がします。

演技がうまいだけでなく、アクションまで器用にこなす俳優陣をそろえているのに、結果(視聴率)がいまいちついてこない精霊の守り人。

ラストスパートで一気に盛り上がることを期待して、視聴していきます。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

マツコ会議(掘り下げVTR) 猫背改善トレーニングの簡単エクササイズ

マツコ会議、106回目は猫背改善トレーニングのスタジオを取材。

掘り下げVTRでは、取材にあたっていた猫背の鈴木Dの体のゆがみをチェックしたり、自宅でできる猫背改善エクササイズを学んでいきます。

まずは鈴木Dの体のゆがみをチェック。

姿勢分析器なるものを使用。

これがなかなかの優れもの。

カメラで撮影するだけで、体のゆがみを数値化してくれます。

また、骨格のゆがみを3D画像にしてくれたりもします。

さらに、現在の状態のみならず、正常な状態や、5年後の姿勢も予測してシュミレーション表示してくれます。

やってみたい。5年後の姿勢とか見ると、猫背をなおさないとまずいって危機感にあおられそうです。

さて、鈴木Dの猫背の原因は、運動不足でたるみきった体を支えきれなくなっているから。

ということで、自宅でできる簡単エクササイズを学んでいきます。

まず、壁にかかと、背中、頭、お尻をくっつけて立ちます。

そして、2キロの重り(2リットルのペットボトルなどでもOK)を頭の上にかかげ(両腕をまっすく伸ばすほど)、ゆっくり胸の前に下ろします。

これを5回繰り返します。

地味ですが、意外に壁にぴったりと立つのはきついものがあります。

苦しいエクササイズではありませんが、地味でおもしろみがないだけに続けるのがつらそう。

効果が出るのは半年後だそうです。なかなかのお時間がかかります。

さて、番組スタッフで猫背なのは鈴木Dだけではありません。

もっと猫背のひどい、河野P(41歳)もスタジオでエクササイズを指導されます。

椅子に浅くすわり、背もたれに背中の一部だけでよりかかっていることが原因で猫背になってしまった河野P。

これは現代人に多い猫背だそうです。

河野Pが学んだエクササイズは、以下の通り。

四つん這いになった状態で、大きく息をはきながら、背中を丸める。そして、ゆっくり息をはきながら、もとの状態に戻す。

これをやはり5セット繰り返します。

ポイントは呼吸法にあります。

大きく息をはきながら背中を丸めることで、肋骨や周りの筋肉を伸縮させ、正常に戻す効果があるそうです。

こちらも地味ですね。続かなさそう。

場所も時間もとらない簡単エクササイズ。

お金もかからないし、お手軽でほんとに良いんだけど、続けるにはけっこうな忍耐が必要な感じがしました。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

有吉ジャポン 今さらながら(?)若槻千夏に密着

今週の有吉ジャポンは若槻千夏に二日間密着した内容を放送。

今さら若槻千夏? って思う人も多いのではないでしょうか。

安定した人気はあるけど、旬ではないし、バラエティ女王としてのピークは過ぎちゃってるので。

でも、個人的には好きなのでこの密着はうれしい。

密着ではずいぶん素をさらしていたり、一般人と気さくに交わっていたり、好感度があがりそうな部分も多数でしたが、見てるとちょいちょい鼻につく部分も。

これまでテレビで作り上げてきたイメージと違うので。

テレビでは馬鹿キャラ、気さくキャラ、いじられて輝くキャラですが、私生活は違った感じ。

まず、セレブ臭がすごい。身につけてるものの総額は20数万円とか40数万円。あと、髪の手入れ(トリートメント)が6000円ぐらいしたり(芸能人ならこれぐらいは当然か)。

これぐらいでセレブってことはないかもしれないけど、「金ない」みたいなことを言ってたようなイメージが強かったので、これだけでも十分なインパクト。

クマタンの成功ってでかいんですね。

問題はそのクマタン。かわいいけど、あそこまで流行るかって感じがしないでもない。

「運」と若槻千夏が広告塔になったからこそ、あそこまでいったんだろうなと思うと、キャラの強さをいまいち肯定できない。

スタジオを出て若槻千夏に密着すると、写真はすぐにとらしたり、とっても気さくなんだけど、なんだろう、スタジオでは出てないえらそ~感がすごいんですよね。

スタジオでは年上やベテランMCを相手にするので、若槻千夏が若い弱い立場なんだけど、世間に出るとそうじゃないんだなって感じ。

デザイナーとしては先生だしね。

ちょっとみてて「あーあ」ってひいちゃう感じになります。

若槻千夏ですが、歌える声優になりたいということで、ボイストレーニングの風景も映し出されていました。

当たると息の長い声優に目をつけるあたり、さすがといえばさすがです。年齢とか劣化が関係ないところだしね。

自身の声に特徴があることも目指す一因と言ってましたが、見てるほうは「クマタンとの相性」もいいだろうしな~と鼻白んでしまう。

若槻千夏の私物、ロエベのエレファントミニバッグ(皮でできた像の形のミニバッグ。お値段約17万円)を有吉やノブコブの吉村が股間につけて遊んでる部分だけが有吉ジャポンらしい内容でした。

今週の密着を見て、若槻千夏が好きになる人もいなければ、嫌いになる人もいないと思います。

それぐらいイーブンな内容。

作ってるほうは、意外と若槻が真面目だったりする部分を強調したつもりかもしれないけど、言葉に出てない部分のえらそ~感も出てたりして、いまいち狙い通りではないのでは? といった仕上がりでした。

おカネつかんじゃって、余裕とか安心とかそういったものをまとっちゃってる感じが、明らかに昔とは違うんですよね。これは作り手も操作できない。

そんなことを感じさせる密着VTRでした。

 

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5

 

水川あさみの恋愛遍歴より、住まいの家賃が40万円ということが気になる

水川あさみと窪田正孝の交際、話題になってましたね。

それほど話題になってないか。YAHOOとかGOOのトップからはそうそうに消えたし。

窪田正孝、29歳で水川あさみが34歳。いいぐらいの年の差ですね。

姉さん女房というほどではないか、今の時代。

なんとなくしっくりくる感じの二人です。

バラエティで見てると、おとなしめの窪田正孝に対し、水川あさみは馬鹿笑いしながらはきはきしゃべる感じ。

女性がリードする感じなんでしょうね。でも、二人になると違ったりするのかな。妄想がふくらみます。

あんまり(ってゆーかほとんど)興味ないけどね、そこには。

興味をひかれたポイントは窪田正孝が払っているという水川あさみの家賃、その額が40万円。チャリーン。

この家賃、どう思います?

芸能人として高いのか、安いのか。

一般人として考えたらかなり高額です。ってゆうか、住めないよね。

でも、水川あさみクラスの女優が住むにはせこくありません?

主演級の女優さんじゃないかもしれませんが、水川あさみぐらい長く活躍して、ドラマの二番手三番手を務めてて知名度もそこそこって感じなのに。

家賃40万円ってすごいっちゃーすごいけど、東京ならそれほど・・・とも解釈できる。

一等地のそこそこセキュリティのがっちりした物件だったら1LDKとかになるよ。ひろいところではない。

がっちり稼いでる感じがするんですが、貯蓄がえぐいのかな。しっかりしてそうな雰囲気もするし。

過去の男性としては、相葉雅紀、小出恵介、大東駿介があげられてました。

掘り返されるほう、迷惑だろうな~。こういった報道見ると毎回思います。過去の人が気の毒だなって。

ろくでもない別れ方とかしてたら、ぜったいにこすられなくないだろうし。

これも有名税ってことでのみこむんでしょうね、芸能人は。人に知られたり興味持たれないとやってけない仕事だしね。

しかし、仕事の実績だけでなく、これだけの有名人と付き合ってきた女という観点から見ても、この家賃は静かな額だと思います。

確か関西出身の水川さん、がっぽり貯めこんでいるのかな。

それとも女優さんってそんなに稼げない?

IT社長とかのほうが楽にがっつり稼げるんでしょうか。

だから、柴咲コウとか会社経営にのりだしたのかな。それは話がとびすぎか。

ということで、過去の交際より、水川あさみの貯蓄事情を探ってほしいと思いました。

 

↓↓↓読みものアップしてます↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E6%A2%85%E6%98%A5